LINE

株式会社ウラシコ|愛知県名古屋市の原状回復工事業者

アスベスト含有の事前調査と除去工事について asbestos-investigation-removal-work

アスベスト含有の事前調査と除去工事について

2023年(令和4年4月1日)からアスベスト関連法令の改正が実施されました。施工業者(元請業者)は、原則として工事前にアスベスト含有を調べる事前調査が必要になります。また一定規模以上の工事は、含有の有無に関わらず、調査結果の報告(電子申請)が義務付けられます。このページでは、アスベスト関連法令の改正内容と、それに伴うウラシコの関連事業をご説明いたします。

改正版アスベスト関連法令の概要はこちら:厚生労働省:石綿に関するパンフレット / 環境省:大気汚染防止法が改正されました

建設会社様へ

解体撤去工事前にアスベスト含有を調べる事前調査が義務付けられました。さらに一定規模以上の工事においては、調査結果の提出が必要です。

今年度の改正実施により、すべての解体撤去工事の作業工程はより複雑になり、これまで以上の時間とコストを要することが予想されます。

アスベスト除去関連作業はウラシコにおまかせください。事前調査、事前見積もり、計画届作成、除去工事、産業廃棄物処理、作業完了報告まで一貫して対応可能です。

不動産管理会社様へ

不動産や賃貸物件の売買を行う場合にも、土地や建物にアスベストなどの有害物質が含まれていないかを調べる事前調査が必要です。

さらに今後、世間の有害物質に対する意識がより敏感になることが予想されます。取引完了後に含有が発覚すると、説明義務に抵触する可能性があります。

不動産売買前の事前調査、除去工事の事前見積もりはウラシコにおまかせください。サンプリング分析を行い、証明書を発行します。除去が必要な場合、ワンストップで対応可能です。

賃貸物件のオーナー様へ

皆様の所有するマンションやアパートにアスベストが使用されている可能性はありませんか?アスベスト含有調査は完了しておられますか?

物件が古ければ古いほど、アスベストが使用されている可能性が高まります。安心してご紹介できる物件にするためにも、事前調査をおすすめします。

建物の改修・解体工事を行う前に、アスベストの事前調査が必ず必要になります。先立って調査を完了させておくことで、それらの工事をスムーズに始めることができます。

ウラシコのアスベスト除去関連事業

アスベスト除去工事

アスベスト除去・封じ込め工事
アスベスト含有塗剤の除去工事及び部分除去工事(めくり工事)はおまかせください。経験豊富な職人が最適かつ安全な工法で作業します。

アスベスト有無の事前調査

アスベスト有無の事前調査
事前調査のみも対応可能です。現地調査を行った後、サンプルを回収し成分調査を行います。調査後の報告(電子申請)までサポートします。

アスベスト除去を含む原状回復

アスベスト除去を含む原状回復
原状回復工事前にアスベスト除去が必要になります。アパート、マンション、飲食店、オフィス、工場など、どのような物件にも対応可能です。

アスベスト除去工事の事前準備(養生)

隔離養生の設置
施工区画の隔離養生、セキュリティゾーン設置、減圧装置、飛散抑制剤散布(湿潤化)など、解体工事までの準備を承ります。

石綿含有産業廃棄物の回収処分

管理型産業廃棄物の回収処分
管理型廃棄物である石綿含有産業廃棄物を正しい処理方法で運搬収集します。最終処分場までのマニフェストを発行します。

ウラシコの部分解体

アスベスト撤去工事関連のご相談
法改正による変更点や電子申請システム(GビズID)の操作方法等など、アスベスト除去に関することはお気軽にご相談ください(無料です!)

ウラシコのアスベスト除去工事の強み

アスベストの電子申請サポート
  • 1.面倒な申請作業まで補助します!
  • 創業時より地域密着の対応を心がけております。複雑で手間のかかる自治体への報告や電子申請の補助もさせていただきます。さらに、工事前に近隣の方々への安全説明(挨拶まわり)も行っております。愛知、三重、岐阜、静岡で年間1,500件以上の現場を対応しております。地域ごとのルールを遵守し、お客様に寄り添う対応をいたします。
アスベスト撤去代行
  • 2.調査から除去まで一貫対応!
  • アスベスト含有を調べる事前調査、サンプル分析、隔離養生、前室の設置、除去工事、除去工事完了後の産業廃棄物処理までワンストップで対応可能です。専門資格を有する経験豊富な自社職人が責任をもって対応いたしますので、アスベストに関連作業はすべてお任せください。もちろん、中間マージンがかからないため、価格力には自身があります!
アスベストの工事レベル
  • 3.すべての工事レベルに対応可能!
  • アスベスト含有建材は、その発じん性により、除去工事のレベルが1〜3に分類されています。弊社は建築物石綿含有建材調査者の資格を有する作業主任者が複数名在籍しておりますので、すべてのレベルの除去工事に対応可能です。もちろん、作業に当たるスタッフはすべて石綿取扱作業従事者特別教育を修了しています。

アスベストの調査・解体除去工事の料金(実績紹介)

※事例準備中

  • 令和4年4月1日にアスベスト関連法の法令改正が実施されたばかりのため、現在、元請業者様や不動産管理会社様と料金を調整しています。改正内容を遵守した適正価格を策定しておりますので、今しばらくお待ちください。工事費用のお見積もりは無料で対応しておりますので、お気軽にお問い合わせいただけますと幸いです。
アスベストの施工事例

アスベスト関連法令の改正点まとめ

石綿(アスベスト)による健康障害の予防対策の一層の推進を図るため、令和2年6月5日に大気汚染防止法が、同年7月1日に障害予防規則(石綿則)が改正されました。これらの法令は、段階的に実施されます。これらの法令を守ることで、建物の使用者と近隣住民の健康、作業員の安全を守ることに繋がります。ここからは、法令の変更点を解体業者の目線で解説します。

アスベスト関連法令の改正点まとめ

改正大気汚染防止法(大気汚染防止法の一部を改正する法律)
公布:令和2年6月5日
種類:環境法
管轄官庁:環境省
参考:大気環境中へのアスベスト飛散防止対策について

大気環境中へのアスベスト飛散防止対策について

改正石綿則(石綿障害予防規則)
公布:令和2年7月1日
種類:労働法
管轄官庁:厚生労働省
参考:石綿総合情報ポータルサイト

:石綿に関するパンフレット

改正実施スケジュール

  • ①令和3年04月01日 改正大気汚染防止法・改正石綿障害予防規則の実施
  • ②令和4年04月01日 事前調査結果の報告(電子申請)の義務化
  • ③令和5年10月01日 事前調査は有資格者のみ可能に

アスベスト関連法令の変更点早見表

変更点の概要

  • ・石綿含有レベルに関わらず全ての石綿含有建材が規制の対象に
  • ・全ての解体工事において、事前調査(めくり作業)が義務付けられる
  • ・一定規模以上の建築物において、事前調査結果の報告(電子申請)が義務付けられる
  • 工事の工程が複雑化、事前調査費用、産廃処理費用などのコスト増加
  • その結果…解体工事の費用(料金)が上がります!!
改正内容 改正後 改正前
石綿含有建材の規制対象 全ての石綿含有建材が規制対象 石綿含有成形板等(レベル3)は規制対象外
石綿含有の有無の事前調査 原則として建物等の全ての解体工事前にアスベスト調査を行うことが義務化 事前調査の義務は無し
事前調査の報告 令和4年4月1日以降に着工する一定規模以上の解体等工事は、含有の有無に関わらず、調査結果の報告(電子申請)が必要 事前調査の報告の義務は無し
事前調査が可能な資格 「建築物石綿含有建材調査者」等の資格を有する者による調査が必要 事前調査における資格等の指定は無し
計画届の提出範囲 石綿の撤去作業を行う場合、工事開始の14日前までに、所轄労働基準監督署⻑に計画届を提出することが義務化 従来の作業届を提出すればOK
アスベスト調査結果の掲示 アスベスト調査結果を現場の見やすい箇所に掲示することが義務化。調査結果が「無し」の場合であっても掲示が必要 アスベスト調査結果の提示の義務は無し
作業場所の隔離点検等①
隔離した作業場所の点検頻度
作業開始直後、排気装置の設置場所変更した際など、何らかの変更を加えたときに⽯綿漏えいの有無の判別する点検が必要 除去等の作業開始直後のみ、⽯綿漏えいの有無の判別する点検が必要
作業場所の隔離点検等②
前室の負圧の点検
作業開始前、作業中断時に前室が負圧に保たれているか点検が必要 作業開始前に前室が負圧に保たれているか点検が必要
作業場所の隔離点検等③
作業場所の湿潤化とその確認
右記の湿潤化に加えさらに、次の者が除去の完了の確認をすることが必要
・当該除去作業の石綿作業主任者
・事前調査を実施する資格を有する者
⽯綿除去等のために隔離した作業場所の隔離を解くときには、⼗分湿潤化することが必要
石綿除去等の施工方法①
石綿含有成形品の除去は、切断・破砕等
石綿含有成形品の除去は、切断・破砕等以外の⽅法により⾏う(技術上困難な場合は除きます) 石綿含有成形品(スレート、ボード、タイル、シートなど)の除去は、切断・破砕等が可能
石綿除去等の施工方法②
けい酸カルシウム板第1種の切断・破砕
やむを得ずけい酸カルシウム板第1種の切断・破砕等をするときは、ビニルシートなどにより作業場所を隔離し、常時湿潤な状態に保って作業をする けい酸カルシウム板第1種の切断・破砕に関する規制は無し
石綿除去等の施工方法③
湿潤化できない場合の措置
湿潤な状態にすることが著しく困難なときは、除じん性能付き電動工具の使用など、石綿粉じんの発散防止措置に努める ⽯綿等の切断等の作業等を⾏う際には、原則として湿潤な状態にすること
石綿除去等の施工方法④
石綿含有仕上げ塗材の除去等の施工
石綿含有仕上げ塗材を電動工具(ディスクグラインダー、ディスクサンダー)で除去するときは、ビニルシートなどにより作業場所を隔離し、常時湿潤な状態に保って作業をする 石綿含有仕上げ塗材の除去作業を行うときは、原則として湿潤な状態にする
作業の記録①
写真等による作業の実施状況の記録
写真等の記録とともに、所定事項を記録し、作業を終了した⽇から3年間保存する 実施状況の記録の義務は無し
作業の記録②
作業に従事する労働者の記録
右記の労働者の作業記録の項目に、事前調査・分析調査の結果の概要、写真等の記録の概要、保護具等の使用状況等が追加。 作業に従事する労働者については、1ヵ月を超えない期間ごとに作業の記録を作成し、これを作業を離れた日から40年間保存すること
発注者の義務 施工業者に対し、情報の共有、写真撮影の許可などの配慮が義務化 配慮に関する義務化は無し
罰則体制の変更 「直接罰」が追加。法令を遵守せずに、工事を行った場合、自治体から即時罰せられる。 まずは自治体が指導を行い、指導後に従わないと罰せられる(間接罰)

アスベスト関連法令の変更点詳細

すべての石綿含有建材が規制対象に

    これまでは、飛散レベルが低いレベル3の石綿含有成形板は規制の対象外でしたが、改正後はレベルに関係無く、すべての石綿含有建材が規制対象になります。また、石綿含有仕上塗材については、塗材の施工方法にかかわらず規制対象になります。

    これにより、これまで以上に多くの建材が除去工事の対象となるため、工事が複雑化し作業コストが上がります。さらに管理型廃棄物としての処理が必要になるため、産業廃棄物収集運搬のコストが増加します。

    特定建築材料の種類一覧

石綿含有建材

すべての解体工事で事前調査が義務化

    令和4年4月1日以降に着工する解体・改造・補修工事は、工事前にアスベストの事前調査が義務付けられました。さらに一定規模以上の工事は、アスベストの有無に関わらず、調査結果の報告が必要になりました。

    前述の事前調査は、設計図書等を確認する方法及び目視による確認方法が認められています。しかし、現実的に目視による確認は、ほぼ不可能なため、サンプルを取得し、分析調査を⾏うことが必要です。なお、分析調査を行わずに、はじめから石綿等が使用されているものとみなして措置を講ずるときは分析調査を省略できます。

    さらに、解体等工事を施工するときは、上記の事前調査結果の記録の写しを現場に備え置くとともに、A3の用紙以上の大きさで調査結果を公衆に見やすい場所に掲示することが必要です。

    【目視等による事前調査を行わなくてよい場合】

    以下の要件に該当するときは、所定の文書等を確認する⽅法で事前調査を⾏うことができます。

    ■過去に事前調査に相当する調査が⾏われている場合

    ■着工日が平成18年9月1⽇以降である建築物、船舶、施設

    ■船舶の再資源化解体の適正な実施に関する法律に基づく「有害物質一覧表確認証書」等の交付を受けた船舶

アスベストの事前調査アスベストの分析

一定規模以上の建築物は調査結果の報告が義務化

    次のいずれかの⼯事を⾏おうとするときは、石綿等の使用の有無に関わらず、電子システムより、事前調査結果の概要等を所轄労働基準監督署⻑に報告することが必要です。複数の事業者が同一の工事を請け負っている場合は、元請事業者が報告義務を負います。

    石綿事前調査結果報告システムの利用にあたっては、GbizIDが必要となります。GbizIDの発行はこちら(https://gbiz-id.go.jp/top/

    【報告対象となる工事】

    ※石綿の有無によらず以下のいずれかに該当する場合には報告が必要です。

    ※建築物の改修工事には、模様替え、修繕のほか、建築設備(ガス・電気の供給、給水、排水、換気、冷暖房、排煙、汚水処理のための設備等を含みます)の設置・修理・撤去等を行う場合が含まれます。

    ■解体部分の延べ床面積80㎡以上の建築物の解体工事

    ■請負金額が税込100万円以上の建築物の改修工事

    ■請負金額が税込100万円以上の特定の工作物の解体または改修工事

    ■総トン数が20トン以上の船舶(鋼製のものに限る)の解体又は改修工事

    【報告対象となる工作物】

    ※ 報告対象となる工作物は以下のものです。(なお、事前調査自体は以下に限らず全て必要です。)

    ■反応槽、加熱炉、ボイラー、圧力容器、煙突(建築物に設ける排煙設備等の建築設備を除く)

    ■配管設備(建築物に設ける給水・排水・換気・暖房・冷房・排煙設備等の建築設備を除く)

    ■焼却設備、貯蔵設備(穀物を貯蔵する設備を除く)

    ■発電設備(太陽光発電設備・風力発電設備を除く)変電設備、配電設備、送電設備

    ■トンネルの天井板、遮音壁、軽量盛土保護パネル

    ■プラットホームの上家、鉄道の駅の地下式構造部分の壁・天井板

アスベストの電子システム
アスベストの報告対象となる工事
アスベストの報告対象外の工事

資格者による事前調査が義務化

    建築物の事前調査は、厚生労働大臣が定める講習を修了した資格を有する者による書面調査、現地調査、作業終了の確認が必要になります(令和5年(2023年)10月1日から実施)

    【認められている資格】

    ■特定建築物石綿含有建材調査者

    ■一般建築物石綿含有建材調査者

    ■一戸建て等石綿含有建材調査者

特定建築物石綿含有建材調査者

計画届の提出範囲の拡大

    建設業等で次の仕事を開始しようとするときは、工事開始の14日前までに、所轄労働基準監督署⻑に計画届を提出が義務付けられます。また、従来は作業届の提出が必要だったレベル2の作業も、計画届の対象となリます。

    ■建築物・工作物・船舶に吹き付けられている石綿等の除去・封じ込め・囲い込み(石綿等が使用されている仕上げ用塗り材を除く。)

    ■建築物・工作物・船舶に張り付けられている石綿等が使用されている保温材・耐火被覆材等の除去・封じ込め・囲い込み(石綿等の粉じんを著しく発散するおそれのあるものに限る。)

    ※改正により従来の作業届の提出は基本的に不要です。但し、計画届を提出すべき業種は、建設業と土⽯採取業に限られているため、これら以外の業種が作業を⾏う場合には、作業届を提出することが必要です。

    ※石綿含有成形板等、石綿含有仕上塗材については特定粉じん排出等作業実施届出書の提出は不要です。また、これまで「吹付け石綿」に該当するものとして取り扱ってきた吹付け工法により施工された石綿含有仕上塗材についても、届出書の提出は不要です。

    ※石綿含有吹付けパーライト及び石綿含有吹付けバーミキュライト(ひる石)については、これまでと同様、「吹付け石綿」として扱います。

アスベストの計画書アスベストの作業届

隔離した作業場所の点検等

    これまでは除去等の作業開始後、⽯綿等の漏えいの有無を点検する必要がありましたが、それに加え、集じん・排気装置の設置場所変更など、何らかの変更を加えたときにも同様の点検が必要となりました。

    また、前室の負圧は、作業開始時に負圧に保たれているか点検が必要でしたが、今後は開始時だけではなく、作業中断時にも点検が必要となりました。

    さらに作業場所の隔離を解くときには⼗分湿潤化することが必要でしたが、これに加え、次の者が除去の完了の確認をすることが必要になりました。

    ■当該除去作業の石綿作業主任者

    ■事前調査を実施する資格を有する者(建築物に限る)

アスベスト作業場所の点検

石綿含有成形品除去の施工方法

    石綿含有成形品の除去は、切断・破砕等以外の⽅法により⾏うことが義務付けられました。(技術上困難な場合は除く)

    けい酸カルシウム板第1種の措置

    やむを得ずけい酸カルシウム板第1種の切断・破砕等をするときは、ビニルシートなどにより作業場所を隔離し、常時湿潤な状態に保って作業をすることが必要となリます。(隔離場所を負圧に保つ必要はない)

    切断等の際、湿潤化できない場合の措置

    ⽯綿等の切断等の作業等を⾏う際には、湿潤な状態にすることが原則とされてきましたが、これが著しく困難なときは、除じん性能付き電動工具の使用など、石綿粉じんの発散防止措置に努めることとなりました。

    石綿含有仕上げ塗材の除去等の施工方法

    石綿含有仕上げ塗材を、電動工具(ディスクグラインダー、ディスクサンダー)で除去するときは、ビニルシートなどにより作業場所を隔離し、常時湿潤な状態に保って作業をすることが義務化されました。(隔離場所を負圧に保つ必要はない)

    ※常時湿潤な状態に保つ措置には、剥離剤を使⽤する⽅法が含まれます。

    ※高圧水洗工法、超音波ケレン工法等の場合は、作業場所の隔離は不要です。

アスベストの除去作業アスベストの湿潤化

写真等による作業の実施状況の記録

    ⽯綿使⽤建築物の解体等作業を⾏ったときは、作業計画に従って作業を⾏わせたことについて、写真等の記録とともに所定事項を記録し、作業を終了した⽇から3年間保存することが義務付けられました

    さらに作業に従事する労働者については、1ヵ月を超えない期間ごとに作業の記録を作成し、これを作業を離れた日から40年間保存することとされています。その際の記録すべき項目に、事前調査・分析調査の結果の概要、写真等の記録の概要、保護具等の使用状況等が追加されました。

アスベストの実施状況撮影

発注者の義務

    解体・改修工事を発注する場合、施工業者に対し、新たに以下の配慮が義務化されます。

    ①石綿の有無の事前調査の結果、石綿が使用されていることが明らかになった場合は、石綿除去等の工事に必要な費用等を含めた発注条件について、施工業者が法令を遵守して工事ができるよう配慮すること。

    ②工事を発注する建築物等の事前調査が適切に行われるよう、石綿の有無についての情報がある場合は、その情報を施工業者に提供するなどの配慮をすること。

    ③石綿除去等の工事を行う場合に、施工業者に義務づけられる作業の実施状況についての写真等による記録が適切に行われるよう、配慮をすること。

アスベスト発注者の義務

作業基準を遵守徹底するため直接罰を創設

    これまでの法令では、指導後に従わないと罰せられる「間接罰」のみでしたが、遵守徹底を目的として「直接罰」が追加されました。法令を遵守せずに、工事を行った場合、各自治体の決まりにより罰せられます。

    直接罰の例(名古屋市の場合)

    除去等の措置の義務違反(下請事業者にも適用):3月以下の懲役又は30万円以下の罰金

    事前調査の結果の報告義務違反(令和4年4月1日施行):30万円以下の罰金

アスベスト法令違反の直接罰

法令改正後のアスベストのレベル

アスベストは発じん性(飛散性の高さ)を基準に、3段階のレベルが設定されています。飛散するリスクが高ければ高いものほど、周囲への影響を及ぼしやすく、危険性が高いとされます。レベルに応じて除去方法が異なるため、事前調査と作業計画の届け出が必要となります。令和3年4月1日の改正点を中心に解説します。

吹付アスベスト

レベル1
主な建材:吹付アスベスト

発じん量が最も多い作業で、作業場所の隔離、防じんマスクと保護衣を使用するなど、ばく露防止対策が必要です。

作業場所を養生後、負圧状態にします。前室を設置し、作業者の安全及び外部へのばく露を抑制します。

必要書類:工事計画届、建築物解体等作業届、特定粉じん排出等作業届書、建設リサイクル法の事前届 等

石綿含有断熱材

レベル2
主な建材:石綿含有断熱材

発じんしやすい製品の除去作業であり、レベル1に準じた高いばく露防止策が必要なレベルです。

除去した保温材は特別管理産業廃棄物 「廃石綿等」として処理します(他レベルも同様)

必要書類:建築物解体等作業届、特定粉じん排出等作業届書、建設リサイクル法の事前届

石綿含有成形板

レベル3
主な建材:石綿含有成形板

その他の石綿含有建材(アスベスト含有スレートやビニル床タイルなど)がこれに当たります。

令和3年の法令改正によりレベル3の建材も、特定建築材料とされました。これによりレベル1、2同様の各種義務付けや作業基準が適用されます。

必要書類:建築物解体等作業届、建設リサイクル法の事前届

レベル区分 種別 法の規制対象か否か 特定粉じん排出等作業実施届の要否
レベル1 吹付け石綿(石綿含有吹付けパーライト、石綿含有吹付けバーミキュライト《ひる石》を含む) 「特定建築材料」として規制対象
※種別毎に作業基準有り
実施届が必要

※「届出対象特定工事」に該当

レベル2 石綿含有断熱材(石綿含有保温材、石綿含有耐火被覆材 等) 「特定建築材料」として規制対象
※種別毎に作業基準有り
実施届が必要

※「届出対象特定工事」に該当

レベル3 石綿含有仕上塗材、石綿含有成形板(石綿含有下地調整材を含む) 「特定建築材料」として規制対象
※種別毎に作業基準有り
実施届が必要
※「特定工事」に該当

ウラシコのアスベスト除去工事の流れ

石綿事前調査
01事前調査

解体や改修の対象となる建物や建材に含まれるアスベストの有無を調査します。図面等を確認しながら現地確認とサンプルの採取を行います。

あんしんポイント

事前調査は「建築物石綿含有建材調査者」の資格を持つ自社職人が対応いたします!


石綿分析調査
02分析調査

現地調査で取得したサンプルを、専門の分析調査機関に提出し、アスベスト含有の有無を調査します。調査後は公的な証明書を発行します。

あんしんポイント

新基準に則り、X線回析分析法や位相差・分散顕微鏡による分析でアスベスト全6種類の有無を調査します!


有害物処理計画書
03施工計画書の作成

分析調査によりアスベスト含有が確認された場合、各種施工計画書を作成します。

■解体計画書、環境保全計画書、安全管理計画書

■分別解体などの作業計画書

■建設副産物リサイクル・処理計画書の作成

■有害物処理計画書の作成(アスベスト他)

特定粉じん排出等作業実施届
04諸官庁申請への手続き

計画書を作成したあとは速やかに管轄諸官庁に除去作業の申請手続きと届出を行います。必要となる届出は主に次のとおりです。

■建築物除去届(建築基準法第15条第1項の規定による)

■特定粉じん排出等作業実施届 (工事開始14日前まで)

■建設工事計画届

アスベスト除去工事前の準備作業
05工事前の準備作業

申請手続き完了後、工事を安全に行うため入念に準備します。自社職人が作業主任者として現場を管理します。

■作業主任者の選任

■保護服(保護衣、吸用保護具、ゴーグル)の準備

■看板等の掲示、表示

■産業廃棄物管理表(マニフェスト)の管理

作業場所の隔離
06作業場所の隔離・養生

アスベストの飛散を防ぐために、アスベスト専用の防護シートで作業場所を隔離します。また、連絡口にセキュリティールーム(作業着の着脱を行う前室)を設置します。

■床、壁、天井面の養生

■セキリュティゾーンの設置

■負圧除じん装置の設置

アスベスト除去作業
07アスベスト除去作業

石綿除去作業を行なっていきます。作業開始前に飛散抑制剤を散布し、対象の建材、作業場内部を湿潤化します。自治体への報告のため、除去作業の様子を随時写真で記録します。

主な工法

■集じん装置付き ディスクグラインダーケレン工法

■剝離剤併用工具ケレン工法

アスベスト専用回収袋
08後始末作業

作業後は、石綿建材や石綿が付着した産業廃棄物を専用の回収袋に詰めて適切に処理します。仕上げの清掃も専用のフィルター機能付きの掃除機を使用します。

■石綿含有建材の袋詰め

■養生撤去と袋詰め

■仕上げ清掃(HEPAフィルター付き掃除機)

特別管理産業廃棄物収集運搬
09産業廃棄物搬出

除去した産業廃棄物を収集した後、都道府県知事の許可を受けている特別管理産業廃棄物収集運搬業者、最終処分業者へ引き渡します。

あんしんポイント

産業廃棄物マニフェスト及び産業廃棄物委託契約書を発行いたします!不法投棄は絶対にありません!


アスベストの作業完了報告
10作業完了報告

事前調査の結果、作業計画書、施工中の写真、廃棄物マニフェストなどを報告書としてまとめ、所轄官公庁へ工事完了を報告します。これらの記録を3年間保管します。

あんしんポイント

工事完了報告は元請け業者の義務となります。ウラシコが下請け業者として従事した際は、元請け業者様の書類の提出を補助します!


アスベストの調査・解体除去工事はおまかせください!

名古屋市の原状回復業者

アスベスト製品の使用が禁止された現在においても、過去に建てられた建設物から、解体改修時にアスベストが飛散することが問題とされています。特に、アスベスト粉塵を吸う解体作業員や近隣住民へ健康被害が懸念されています。

そのため、アスベスト除去工事には細心の注意を払い、作業場の隔離や湿潤化を行って確実に飛散を防止する必要があります。ウラシコでは、専門資格を有する経験豊富な作業員が、最適な方法を用いて除去作業に従事します。

当社への直接のご依頼でコスト大幅削減!ウラシコは10年以上のキャリアがあります。ぜひ、私たちの経験と技術を信頼ください。工事のご依頼、お問い合わせは、お電話、問い合わせフォーム、ラインからお気軽にお問い合わせください。皆様からのご連絡、お待ちしております。