LINE

株式会社ウラシコ|愛知県名古屋市の原状回復工事業者

スタッフブログ Staff blog

【高すぎると感じたら】マンション・アパート退去時の壁紙(クロス張替え)費用はいくらが妥当?ルールを把握してトラブルを防ぎましょう

アパート退去時の壁紙

マンションやアパートなどの賃貸物件を退去する場合、高い確率で必要になるのが原状回復工事です。工事といっても、破れたクロスを張り替えるなどの比較的軽い工事から、耐用年数のすぎた機器の取り換えなどの大がかりなものまで様々なことが考えられます。

今回は、原状回復の中でも発生しやすいクロスの張替えの費用について説明していきます。また、リフォームの一環でクロスの張替えだけ検討している人も参考になる部分はあると思いますので、ぜひご参照ください。また、内装解体費用についてはこちらのページで詳しく解説しています。ぜひこちらも合わせてご参照ください。

原状回復とは?

原状回復とは?

原状回復とは、原状回復をめぐるトラブルとガイドライン(国土交通省)によれば「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」です。

言い換えると、自己の責任によって発生させた損耗などを一般に使用できる状態まで修復することになります。たばこのヤニによるクロスの着色やものを落下させたことによる床へのキズなどは、借主の負担で使える状態にまで戻さなければならないということです。

原状回復については、別記事で詳しく説明していますので、そちらを参考にしてください。

クロスの張替えに関するルール

クロスの張替えに関するルール

原状回復工事の際には、費用負担や工事の範囲が問題になることがありますが、クロスの張替えでも、様々な問題が起こります。中でも、賃貸物件の壁紙・クロスの張替えでは費用負担が貸主にあるにも関わらず借主に請求している場合や、敷金と相殺できるはずが過剰請求されてしまっているなどお金に関するトラブルが深刻です。実際に、どちらが負担してどれくらい費用が掛かるのかをきちんと理解しておく必要があります。

費用負担に関して

まず、費用負担に関してですが、経年劣化による通常損耗については貸主負担で、故意や不注意による損耗に関しては借主負担となります。通常損耗とは、画鋲やピンの穴、日照などによる日焼け、テレビや冷蔵庫裏の黒ずみ汚れなどのことをさします。また、通常は借主負担となるようなキズや汚れも、クロスを張り替えてから6年経過していれば、貸主負担で張り替えることになります。

一方で、故意や不注意による損耗とは、室内で喫煙したことによるヤニや過度な油汚れ、掃除を怠ったことによるカビやシミなど借主の責任で発生したモノや通常行われる手入れなどを怠ったことによる汚れなどは、借主負担で張り替えることになります。

この時、傷をつけた面は張り替え費用を借主が負担することになりますが、色やデザインを合わせるために他の面も張り替える場合の費用は借主の負担になりますので、注意してください。

費用に関して

費用に関しては、先にも少し述べましたがクロスの耐用年数は6年となっていますので、張り替えて間もない頃は、借主負担で張り替えなければならないことになりますが、居住する年数が増えることに、借主負担の額が減額されます。一般的に、住み始めて3年たてば費用負担は折半で、居住開始から6年目になると全額貸主負担といった風に、年数を経るごとに貸主の負担が大きくなります。

クロスの張替え方法

クロスの張替え方法

壁紙・クロスの張替えをする場合は基本的に一部だけではなく全面張替えとなります。キズが入っていたり、変色してしまっている部分だけ替えればいいと思うかもしれませんが、一部だけ張り替えた場合、張り替えなかった部分との境目が目立ちやすかったり、使用しているクロスと同じものが見つからず似たものを張り替えた結果、色見の違いが目立ってしまったりする可能性もあるため基本的に全面の張替えになります。

クロスの張替え相場

クロスの張替え相場

ここで紹介する費用相場は、クロスの張替えのみを業者に依頼する場合の費用相場です。原状回復工事の一環として他の作業と一緒に行う場合は費用が少し変わる場合がありますので、あくまでも参考程度にしてください。

クロスの張替え費用は基本的には1平米当たりの単価で計算されます。そのため、クロスの張替え費用は、基本的にクロスの種類によって価格が決まります。クロスには量産品と一般品の2種類があり、それぞれに特徴があります。各クロスの特徴は以下の通りです。

量産品

一般品に比べ安価なため、張り替える場所がたくさんある場合には費用を抑えることができます。一方で、デザインの選択肢は一般品に比べると限られるため、好みのものが見つからない可能性もあります。特にこだわりのない方は、こちらでも十分かもしれません。

量産品のクロス張替えは1平米当たり800~1,100円程度が相場となっています。

一般品

「1000番台」と言われることもありますが、色や柄のデザインが豊富で、汚れがつきにくかったり、消臭してくれたりする機能が備わっているクロスもあります。とても機能的ですが、その分費用が高くなるだけでなく、施工の難易度が上がることもあります。そのため費用も1平米当たり1,000~1,500円程度と、量産品より高めになっています。

このように使用するクロスによって価格に幅があるのがわかると思います。クロスの張替え費用は、上記で挙げた1平米当たりと張り替える場所の面積によって決まりますので、約200平米のマンションの天井と壁の全面張り替えを平米単価1,000円のクロスで行った場合には、約20万円程度の費用がかかることになります。

指定のクロスがある場合には仕方ありませんが用途やデザインがたくさんありますので、お気に入りのものを見つけてみてください。

クロスの張替え時期は?

クロスの張替え時期

壁紙・クロスの張替え時期は、一般的に5~8年ほどだといわれていますが、基本は破損や汚れがないようであれば張り替える必要はありません。しかし雨漏りなどで壁紙・クロスが濡れてしまった場合や加湿器などの使用頻度が高い場合などは、クロスを張っている糊が結露の水で戻り、クロスそのものも付きが悪くなるだけでなく、内部構造の腐食が進んでいる可能性もありますので、張替を検討したほうがいいかもしれません。

クロスの張替えは自分でもできる?

クロスの張替えは自分でもできる

DIYで、壁紙・クロスを張り替えるということも考えられますが、この場合人件費がかからず材料費だけになりますので、依頼するよりも費用を抑えることができます。

しかし、慣れていない場合には、張り替えにかなりの時間を要してしまう結果1日で終わらないといったことになる可能性があったり、のり付けが十分でなくはがれてきてしまったり、途中でしわになるなどきれいな仕上がりにならなかったりする可能性があります。

また、クロス張替えの際、古いクロスを剥がすと裏紙が必ず壁に残ってしまいます。そのため、クロスを張り替えるたびに裏紙が残ることになり、階数が増えるごとに下地調整が必要となり、張り替えの難易度も上がっていきます。

万一ボードの壁もはがれてしまったらボードの張替えも必要になり、余計な手間が増えることになります。このようなリスクがあることを考慮したうえで、依頼するのかDIYするのかを決めるのが賢明です。

まとめ

クロスの張替えについて

今回は主に原状回復工事で行われるクロスの張替えについて、説明してきました。クロスの張替えの必要がある場合には、まずどちらの責任なのかをはっきりさせたうえで、高額すぎないが、丁寧に仕事をしてくれそうなところを探してみてください。

ウラシコへのご依頼の流れについてはこちらのページで詳しく解説しています。ぜひこちらも合わせてご参照ください。

ウラシコへおまかせください!

株式会社ウラシコのスタッフ

株式会社ウラシコは愛知県名古屋市の内装解体工事の専門業者です。東海3県を中心に年間1,500件以上の現場で、内装解体、原状回復、スケルトン解体、廃棄物撤去等を行っております。

解体工事に関するご相談お見積りは無料で対応させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください!解体業者は怖いイメージありますが、ウラシコは違います。明るく元気な社長・現場マンが対応します!

関連記事

一覧に戻る