LINE

株式会社ウラシコ|愛知県名古屋市の原状回復工事業者

スタッフブログ Staff blog

住居の原状回復工事とは?工事の内容と流れをわかりやすく解説します。

住居の原状回復工事

賃貸契約の物件を解約するとき、原状回復工事が必要不可欠になります。

工事が必要になった場合、何をしなければならないのか、イマイチ想像できない方も多いのではないのでしょうか。

今回はその工事の内容や流れについてわかりやすくご説明します!

原状回復とは

原状回復とは賃貸物件など解約をする際に契約前の状態に戻すことです。生活の中で床や壁につけてしまった傷や跡、変色を元の状態へ修繕します。

原状回復工事は、その修繕を行うことです。住居目的の賃貸だけでなく、オフィスや店舗として使用し改装を行った場合も原状回復を行わなければいけません。

そして、賃貸の目的が住居としてか、オフィスや店舗など事業として使用するかで、その工事にかかる費用や工事内容は異なります。

物件を退去した時などに聞く「原状回復」とは一体何か?こちらの記事で詳しく解説しています。ぜひ合わせてご参照ください。

原状回復工事の流れ

住居の原状回復工事流れ

住居として使用した場合の工事内容

原状回復は損傷の原因によって責任の所在が変わります。住居スペースとして使用する場合は、賃借人の負担はそこまで大きくありません。

原状復帰の義務がある事例

・ペットがつけたしみや傷

・水回りのかびや水垢

・キッチンの油汚れ など

このように賃貸者が掃除や管理を怠ったことによって起こった損傷は責任が問われることがあります。

原状回復の義務がない事例

・家具の設置によって生じる凹み

・太陽光による色あせ

・自然災害による損傷 など

普段の生活で発生する損傷や経年変化、自然災害などは本人に責任が問わません。

事業目的で使用した場合の工事内容

オフィスやテナントとして借りた場合は基本的に全ての回復作業を賃借人が行う必要があります。

・水道やガス、電気の配管設置の撤去

・仕切りやパーテーションの設置、区画の増設の撤去

・壁や天井の張替え、塗装

・キッチン、カウンターの撤去 など

原状回復工事の流れ

1.施工業者へ問い合わせ

住まいの原状回復

まず、施工業者へ工事について相談します。賃貸物件の間取りや契約内容、希望予算などの確認を行います。

2.現場調査と工事内容の打合せ

住居の原状回復

次は実際に業者が現場を調査します。現場の状態を調査し、どのような工事が必要になるか、またその工事の内容に合わせて見積もりの相談を行います。

3.契約

マンションの原状回復

業者と何度か打ち合わせを重ね、工事内容や見積もりに納得できれば契約完了となります。

4.着工

借家の原状回復

契約が完了すれば実際に工事に取り掛かります。工事期間は簡単なものであれば数日で完了しますが、1~2週間程度が平均的です。

100坪以上の広い物件になると1か月ほどかかる場合もあります。

5.最終確認・工事完了

原状回復業者

工事を終える前に現場の確認を行います。この時点でさらに修繕が必要な箇所がないか業者とよく確認し、貸主とのトラブルを防ぎましょう。

上記のように工事に取り掛かるまでにもかなりの時間を要します。工事が終了しなかった場合、延長分の賃料の負担などさらに費用がかさんでしまうこともあるため、事前に契約書を確認しておきましょう。

原状回復のトラブル

原状回復の相談先

原状回復に関連するトラブルは年間約15,000件ほど報告されています。国土交通省には賃貸契約や原状回復のトラブルについてのガイドラインが作成されていますが、あくまでもガイドラインであって明確な規制が設けられていません。

そのため、賃借人と賃貸人の間でトラブルが起きることがよくあり、特に多いトラブルは、費用の負担に関してです。

・賃借人と賃貸人のどちら側が負担するか判断しにくい損傷

・納得できない修繕費用の要求

・亡くなった身内が住んでいた賃貸物件の原状回復工事の費用負担の請求 など

このようなトラブルを防ぐための対策をいくつかご紹介します!

万が一原状回復のトラブルが起きてしまった際の相談先はこちらの記事でまとめています。こちらも合わせてご参照ください。

原状回復トラブルの対処法と防ぎ方

テナントの原状回復

物件契約時に原状回復範囲を確認する

原状回復について賃借人がどこまでどこまで負担するのか契約書に記されています。契約時に分からない点があれば賃貸人に確認しトラブルを未然に防ぎましょう。

建物の管理会社や国民生活センターへ相談

トラブルが起きてしまった場合、当事者間だけでの解決は困難であるため、第三者の仲裁が必要になります。建物の管理会社に相談するのが一番ですが、その会社が賃貸になっている場合は話し合いの進展は見込めません。

そういった場合は国民生活センターへ相談しトラブル解決の方法を提案してもらいましょう。

専門家(原状回復の専門業者)に相談する

原状回復の専門家である施工業者、工事業者に相談すればより正確な情報を得ることができます。まずは専門家に相談し、間に入ってもらうことで解決を試みましょう。

もちろん、弊社株式会社ウラシコにもお気軽にご相談ください。

まとめ

原状回復の相談窓口

原状回復工事の内容と流れについてご紹介しました。

国土交通省のガイドラインに基づいて工事を行いますが、疑問点や相談があればトラブルが起きる前に早めに解決していきましょう。お困りの際は、私たちにもお気軽にお問い合わせください。

また、優良な解体業者に見分け方に関しましては、こちらの記事一覧ページにてまとめております。こちらも合わせてご参照ください。

ウラシコへおまかせください!

株式会社ウラシコのスタッフ

株式会社ウラシコは愛知県名古屋市の内装解体工事の専門業者です。東海3県を中心に年間1,500件以上の現場で、内装解体、原状回復、スケルトン解体、廃棄物撤去等を行っております。

解体工事に関するご相談お見積りは無料で対応させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください!解体業者は怖いイメージありますが、ウラシコは違います。明るく元気な社長・現場マンが対応します!

関連記事

一覧に戻る

サイト内検索SEARCH