LINE

株式会社ウラシコ|愛知県名古屋市の原状回復工事業者

スタッフブログ Staff blog

オフィス退去時の備品の買取相場はいくら?リサイクル買取専門業者が詳しく解説します。

近年、フリーランスなどといった多様な働き方が増加しているため、オフィスの移転や新設に伴い、古くなったオフィス備品をリサイクルしようと考えている企業様も多いと思います。今回はオフィス備品の買取相場などについてご紹介します。

また、こちらのページでは業者の選び方に関する記事をご紹介しております。こちらも合わせてご参照下さい。オフィス退去時の備品は専門業者にお得に買い取ってもらいましょう!

オフィス退去時に備品は売れるのか

オフィス退去時に備品は売れるのか

オフィスの備品には、デスク、チェア、ロッカーなど様々なものがあり、メーカーも様々ですが、基本的に使える状態のものであればどんなものでも買取してもらえます。ただし、使える状態でも著しく汚れいるものや一部が壊れているものは買取ではなく、無償で回収となる場合が多いです。

特にコクヨやオカムラなどはオフィス備品メーカーの中でも高い人気があります。人気のあるメーカーのものは買取価格も高くなり、多少古くなっていても高く買い取ってもらえる可能性が大いにあります。

オフィス機器の買取査定は製造5年以内がベスト

オフィス備品の買取査定は製造5年以内がベスト

オフィス備品の買取は、メーカー、種類、年式、カラーといった点で価格が変動します。その中でも重要なのは年式です。製造5年以内のものを売るのが最適で、製造5年以上のオフィス備品となると買取を行っている業者の数が少なくなります。

オフィスの備品は、通常の家具よりも寿命が長いことが多いですが、古くなればなるほど当然劣化が進んでいきます。劣化が進んでいる物は購入する人も少ないため、専門の買取業者でも買取されないことが多いのです。古いオフィス備品であるほど、早めに買取に出すことをおすすめします。

オフィスの備品は備品買取の専門業者に買い取ってもらおう

オフィスの備品は備品買取の専門業者に買い取ってもらおう

オフィス備品は専門業者に買い取ってもらいましょう。通常の買取業者だと古いオフィス備品は買取不可となっていることがあり、もし買取されたとしても安い価格での取引となることがほとんどです。

専門業者であれば、多少古くても高い価格で買取されることや、場合によって予想以上の価格で売れることもあります。オフィス備品の専門業者は、家具の買取を専門的にしている業者であれば問題ありません。

オフィス備品の買取価格の相場

オフィス備品の買取価格の相場

先ほども述べましたが、オフィス備品はメーカーや年式、カラーや種類によって買取価格が大きく変わるため、買取相場も一概にどのくらいの価格で売れるのかはっきりしません。

特に古いオフィス備品は状態も価格を決める大事なポイントとなり、古くても綺麗な状態であれば高額で買取されることもあり、古くて状態が悪ければ当然買取不可となります。

オフィス備品の買取相場は、一般的なデスク1,000円~3,000円、チェア500円~2,000円前後で買取されるものが多いです。

オカムラやコクヨ、イトーキといった人気メーカーであればひとつ数万円で買取されることもあります。しかし古いオフィス備品の場合、デスクやチェアは1,000円未満で買取されることが多いです。

中でも今特に需要のあるオフィス備品は、オフィスデスク、アーロンチェア、プロジェクター、ビジネスフォン、分煙機となっていますので、比較的高額で買取されることが多いです。

オフィス備品が高く買取されるポイント

オフィス備品の売却は、買い取ってもらう製品の状態を綺麗にしておき、2~3社の買取専門業者で業者比較をしてから買取へと出すことで、より良い価格で売却することができます。

備品の状態を綺麗にする

査定では一番初めに状態がチェックされます。オフィスの備品は使えば使うほど使用感が出てしまうため、どうしても状態が悪くなってしまいます。そんなオフィス備品を高く売るためには、まず状態を綺麗にしておく必要があります。

ホコリやスレといった点はできるだけなくし、できる限り綺麗な状態を維持して買取に出しましょう。傷などはもちろん減額の対象となります。また、一般の商材と同じように取扱説明書やコード、接続パーツなどの付属品の有無も査定に影響します。

デスクの場合、カギがないと機密保持の機能性が落ちると考えられてしまうため、購入時に付いてきた付属品を管理しておくことが、高額でオフィス用品を手放すポイントです。

複数の買取業者を比較する

複数の買取業者を比較する

複数の業者で比較してから買取に出すようにしましょう。業者を比較することで1番高く買取してくれる業者を見つけるのにも役立ち、自分と合った業者を知ることもできます。

あまり業者比較をしないで買取へ出すと、売った後で後悔することにもなりかねなません。さらに古いオフィス備品だからといって買取されないと決めつけず、まずは専門の買い取り業者に見積もりを依頼しましょう。

同じメーカーや型で揃えると良い

オフィス備品が高く買取されるポイント

中古の事務机や椅子などは同じシリーズでそれなりの台数が揃っていると買い手も見つかりやすくなります。メーカーや大きさがバラバラな備品は、個人事業主や追加購入用としての需要のみとなるため、必然的に査定価格も下がります。

オフィス備品の買い取り業者の選び方

オフィス備品は高く買取されることが多い製品であるため、買取に出す業者はしっかりと選ばなければならなりません。どういった基準で業者を選べばいいのかポイントを抑えていきましょう。

出張買取に対応しているか

出張買取に対応しているか

オフィス備品の買取業者を選ぶときは、出張買取に対応しているかどうかをチェックしておきましょう。オフィス備品は大きいものが多く、宅配買取や店頭買取で買取に出すのはなかなか難しいと思います。

デスクやチェアは梱包して発送するだけで、かなりの手間と時間がかかってしまい送料が別でかかる場合もあります。出張買取であれば、基本的には自宅で待っているだけで買取に出せます。

自分で運んで破損させる心配もありませんし、売れなかった場合も業者がそのまま処分してくれることもあります。オフィス家具を買取に出すときは、出張買取に対応しているかどうかをチェックしておきましょう。

買取にかかる手数料の確認をしておく

買取にかかる手数料の確認をしておく

出張買取に対応していても、出張費や引き取り料といった手数料がかかる場合があります。企業向けの買取サービスは手数料が高くついてしまうことがありますが、買取にかかる手数料を確認しておかないと買取にだしても、手数料の方が高くつくこともあります。

出張費や査定料、見積もり料から引き取り料まですべて無料の業者を利用することが理想ですが、手数料が安くても買取価格が低ければ意味がありません。また、手数料がかかっても買取価格が高い場合もあります。手数料や出張費用などは業者を選ぶうえで重要なポイントの一つです。

買取金額アップのキャンペーンの内容を確認する

オフィス備品の買い取り業者の選び方

業者によっては期間限定で買取金額アップのキャンペーンを実施していることもあり、20%~30%前後で買取金額が上がることがあります。また、まとめ売りサービスが実施されている業者では、オフィス家具の売却ではデスクやチェアなどでいくつかまとめて買取に出すと査定額が上がります。

こうした買取サービスの内容は、できる限り高い価格で売却するためにも大事で、利用できるサービスは積極的に利用するのがよい買取を実現するコツでもあります。

まとめ

オフィスの備品は普段から綺麗に使用し、オフィス退去時に不要になった備品は専門の買い取り業者に買い取ってもらいましょう。もちろん私たち株式会社ウラシコにお任せください。株式会社ウラシコでは、備品の買取から退去時に必要なオフィスクリーニング、原状回復までワンストップで対応可能です。

また、買取ができない備品や設備に関しては、産業廃棄物として業者に引き取ってもらう必要があります。なお、買い取ってもらえないような廃棄物の処理方法に関してはこちらの記事で詳しく解説しております。こちらも合わせてご参照下さい。

ウラシコへおまかせください!

株式会社ウラシコのスタッフ

株式会社ウラシコは愛知県名古屋市の内装解体工事の専門業者です。東海3県を中心に年間1,500件以上の現場で、内装解体、原状回復、スケルトン解体、廃棄物撤去等を行っております。

解体工事に関するご相談お見積りは無料で対応させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください!解体業者は怖いイメージありますが、ウラシコは違います。明るく元気な社長・現場マンが対応します!

関連記事

一覧に戻る

サイト内検索SEARCH