LINE

株式会社ウラシコ|愛知県名古屋市の原状回復工事業者

スタッフブログ Staff blog

【閉店退去】原状回復の際の廃棄物処理はどこに依頼すればいい?原状回復専門会社が詳しく解説します

名古屋の廃棄物処理

「店舗の退去で原状回復をした後に出た産業廃棄物はどうやって処分したらいいかわからない」

「原状回復に伴う産業廃棄物の最適な処理業者を知りたい」

このように、店舗の閉店に伴い、原状回復で出た産業廃棄物の処理業者の選び方に悩んでいるオーナーの方は多いのではないでしょうか。この記事では、原状回復で出た廃棄物の処理業者の選び方について詳しく解説していきます。

店舗の閉店に伴う廃棄物は、家具や電化製品などの大きなものから、食器や事務用品などさまざまでしょう。ものによっては一般ゴミとして廃棄できますが、内装の解体で出たゴミは産業廃棄物とみなされ、法律に乗っ取った処理をしなければなりません。

産業廃棄物処理の業者をなにも考えずに決めてしまうと、後に痛い目を見ることになってしまう可能性が。この記事を参考にして、産業廃棄物処理の業者選びで失敗しないようにしましょう。

私たちの施工事例ページでは、飲食店の原状回復に実際にかかった日数や費用の実例を提示しております。私たちの施工事例はこちらからご参照ください。

廃棄物の種類とは?

廃棄物の種類

原状回復で出る廃棄物の種類は主に2つ。「一般廃棄物」と「産業廃棄物」です。簡単に説明すると、一般廃棄物は市町村のルールにしたがって出せるゴミになります。私たちが日頃出している家庭ゴミや粗大ゴミなどが含まれます。

一方、産業廃棄物は、原状回復工事などで出た木材や金属類、瓦礫類、プラスチック類などです。一般廃棄物の処理場では処理できないものが産業廃棄物になると考えておくといいでしょう。

産業廃棄物の処理はなぜ業者に依頼しなければならないのか?

愛知の作業廃棄物処理

産業廃棄物を一般廃棄物と一緒に処理してしまうと、不法投棄とみなされ罰せられてしまいます。罰金刑や懲役刑になる可能性があるので、産業廃棄物は適切な処理を施さなければなりません。

法律に従うという意味でも、産業廃棄物の処理は業者に依頼するのが適切な選択でしょう。

産業廃棄物処理の依頼先

東海エリアの産業廃棄物

産業廃棄物処理の依頼先は主に以下3つです。

  • 産業廃棄物処理の専門業者
  • 原状回復専門業者
  • 不用品買取業者

基本的には、上記の「産業廃棄物処理の専門業者」もしくは「原状回復専門業者」の2択になるでしょう。買取業者に関しては、例外的な選択肢として載せているので、後ほど詳しく解説していきます。

産業廃棄物処理の専門業者

産業廃棄物の処理業者

産業廃棄物処理で真っ先に思い浮かぶのが、産業廃棄物処理の専門業者でしょう。産業廃棄物処理の専業者の強みは、なんといっても産業廃棄物処理に特化していることです。

体制が整っているのでフォローが手厚く、素早い対応をしてくれる業者が多いです。また、処理のプランも豊富な場合が多いので、安心して任せることができるでしょう。

しかし、廃棄物処理の専門業者となると、次で述べる原状回復専門業者より価格が少し割高になってしまう可能性があります。適切な対応をしてくれる分、価格が高くなってしまうと考えておいてください。

また、中には、悪質な業者も数多くあるので、見極める力が重要になります。

原状回復専門業者

原状回復の産業廃棄物

原状回復の専門業者も、原状回復と一緒に産業廃棄物処理を行なっている場合があります。原状回復工事の流れで産業廃棄物を処理してくれるので、原状回復から産業廃棄物処理までを一括で終わらせることができるのがポイントです。

また、費用面も原状回復とのセット料金となる可能性が高く、産業廃棄物の専門業者に依頼するよりも安く済ませることができるでしょう。

専門業と比べ、価格の交渉がしやすいのもポイントの一つです。しかし、原状回復の専門業者も産業廃棄物処理の専門業者と同様に、悪質な業者も多いので、業者の見極めは念入りに行いましょう。

東海エリアの原状回復と産業廃棄物収集運搬は私たちウラシコにおまかせください。内装解体の許認可、産業廃棄物収集運搬業、古物商の資格を有しておりますので、安心安全、明朗に対応させていただきます。

不用品買取業者

名古屋の不用品買取

なぜ?と思った方も多いのではないでしょうか。買取業者は、産業廃棄物の処理をしてくれるわけではありません。しかし、原状回復で産業廃棄物になる得る設備機器や家具などを、事前に買い取ってもらうことができます。

産業廃棄物を事前に減らすことに焦点を当てた場合、買取業者に設備機器や家具などの買取を依頼するのは、最適な手段となるでしょう。買取業者もさまざまで、悪質な業者も多いので、契約書をしっかり交わすなどを欠かさずおこなうようにしてください。

ウラシコでは、不用品買取専門の部門も設けております。産業廃棄物の処理はウラシコにおまかせください!

産業廃棄物処理の業者を選ぶポイント

産業廃棄物処理の業者を選ぶポイント

産業廃棄物処理の業者を選ぶ際は、以下3つのポイントを意識してみるようにしてください。

  • 産業廃棄物収集運搬許可証を持っているか
  • 実績が十分あるか
  • 最適な価格設定かどうか

上記3つを意識して業者を決めることで、最適な処理業者を選ぶことができるでしょう。併せて、業者選びの失敗を防ぐことができます。

産業廃棄物収集運搬許可証を持っているか

基本的に、他社の産業廃棄物を処理する場合は、産業廃棄物収集運搬許可証が必要になります。産業廃棄物収集運搬許可証を持っていないにもかかわらず、他社の産業廃棄物を運搬・処理すると罰せられてしまいます。

そのため、産業廃棄物収集運搬許可証がなく産業廃棄物の処理をしている業者は、危ないと思っておいた方がいいでしょう。また、こういった業者は不法投棄を行なっている可能性が高いです。 不法投棄されてしまうと、依頼した側も罰せられてしまう可能性があるので、注意が必要です。

環境省のホームページにも、産業廃棄物収集運搬許可証を持っている優良業者を見ることができるので、その中から選ぶのも一つの手段でしょう。

実績が十分あるか

産業廃棄物処理の実績がちゃんとあるかも確認しておきましょう。実績がある業者は信頼・信用性が高く、見積もりから完了までを、しっかりとサポートしてくれるでしょう。

反対に実績が乏しい業者は、悪質または初めたばかりの業者の可能性が高く、トラブルに発展してしまう可能性も少なくありません。ホームページやSNSなどで評価や評判などを確認し、情報収集をした上で決めるといいでしょう。

最適な価格設定かどうか

産業廃棄物処理の価格も業者によってさまざまです。相場というのもある程度は決まっていますが、都道府県単位で変わってきます。安すぎる場合は注意が必要で、悪質な業者の場合が多いです。変なプランを提示されて高い費用を取られる可能性があります。業者選びを失敗しないためにも、適切な価格帯なのかもしっかりと確認するようにしましょう。

まとめ

東海エリアの産業廃棄物

この記事では、原状回復で出た廃棄物の処理業者の選び方について詳しく解説してきました。この記事の重要ポイントは以下です。

  • 廃棄物は「一般廃棄物」と「産業廃棄物」の2つに分けられる
  • 産業廃棄物は一般廃棄物として破棄してしまうと不法投棄で罰せられてしまう
  • 産業廃棄物処理専門業者は、産業廃棄物の処理に特化しているため、フォローの体制がしっかりしているが価格が高くなりがち
  • 原状回復専門の業者も産業廃棄物処理を一緒にしている場合があり、原状回復から産業廃棄物処理までを一括できるため楽
  • 買取業者を利用して設備機器や家具を買い取ってもらうことで産業廃棄物を減らすことができる
  • 産業廃棄物収集運搬許可証を持っていない業者は悪質な可能性が高い
  • 環境省のホームページから産業廃棄物処理の優良企業を調べることができる
  • 産業廃棄物処理の業者を選ぶ際は実績がちゃんとあるかや信頼できるかに焦点を当てる
  • 適正な価格帯かどうかを見極め、安すぎる価格帯の業者は避ける

産業廃棄物処理の業者は数多く存在するので、慎重に選ぶ必要があります。上記のポイントを参考にして、産業廃棄物処理の業者選びで失敗しないようにしましょう。

また、産業廃棄物マニフェストについてもよく理解しておきましょう。産業廃棄物とマニフェストの関係は、こちらの記事でより詳しく解説しています。解体工事を依頼される際は、必ず仕組みを理解しておきましょう。

ウラシコへおまかせください!

株式会社ウラシコのスタッフ

株式会社ウラシコは愛知県名古屋市の内装解体工事の専門業者です。東海3県を中心に年間1,500件以上の現場で、内装解体、原状回復、スケルトン解体、廃棄物撤去等を行っております。

解体工事に関するご相談お見積りは無料で対応させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください!解体業者は怖いイメージありますが、ウラシコは違います。明るく元気な社長・現場マンが対応します!

関連記事

一覧に戻る