LINE

株式会社ウラシコ|愛知県名古屋市の原状回復工事業者

スタッフブログ Staff blog

【5分でわかる経年劣化】通常損耗と特別損耗の違い。賃貸物件の退去時のややこしい用語を詳しく解説します。

賃貸借契約が終了した際に、借主は原状回復義務を負います。その際借主が負担するかどうかで大切になるポイントが「通常損耗(つうじょうそんもう)」と「特別損耗(とくべつそんもう)」です。

通常損耗と特別損について、きちんと理解をして賃貸契約を結ばなければ退去時のトラブルになりかねません。本記事では通常損耗と特別損耗、経年劣化の違いについて解説していきます。また、原状回復に関する節約術や財テクは、こちらのカテゴリページで詳しく解説しています。ぜひこちらも合わせてご参照ください

通常損耗とは

通常損耗とは

通常損耗と特別損耗については、国土交通省の定める「原状回復とをめぐるトラブルとガイドライン」に記載されています。ガイドラインで定義される通常損耗とは「借主が通常の使用、住まい方をしていても発生してしまうと考えられるもの」となっています。

ガイドラインの中には、通常損耗と経年変化によって必要となる修繕費は賃料に含まれるという記載があります。損耗の修繕費は基本的に貸主の負担となります。より詳細な說明は、実際にガイドラインを確認してみましょう。ただしかなりボリュームがあるので、時間をかけてじっくりと読み解く必要があります。

国土交通省による「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」

通常損耗の例

家具の設置跡

通常損耗の例

冷蔵庫などをおいてしまうとへこみができてしまうことがあります。家具を設置することは通常の使い方のため通常損耗となります。また壁にできる電気焼けの跡も通常損耗の扱いとなります。

壁に画鋲で刺した跡

画鋲を刺し跡

賃貸住宅で、画鋲を刺し跡を請求されたらどうしようと思っている方も安心してください。ポスターやカレンダーを貼るために画鋲をさすのは特別な行為ではないため、通常損耗となります。ガイドラインにも通常の生活の範疇と記載があります。

特別損耗とは

特別損耗とは

特別損耗とは、故意又はずさんな使用によって発生した汚れや傷、へこみなどの事を指します。特別損耗の修繕費用は、通常損耗と違い、賃料には含まれていません。また、特別損耗が発生する原因が借主にあると判断される為、特別損耗の修繕費は借主負担になることが多いです。

特別損耗の例

喫煙による特別損耗

タバコに関する損耗

室内で喫煙すると、天井や壁の壁紙に、臭いや黄ばみが染み付いてしまうしまうことがあります。また焦げ跡を残してしまうなど、タバコが原因の汚れや傷は多くあります。

ガイドラインにはタバコに関する判例が挙げられています。タバコは嗜好品であり、タバコによる損耗は通常使用とはみなされません。そのため原状回復義務は借主にあります。

水回りの水垢やカビ

経年劣化による損耗は貸主負担となりますが、結露を放置したことによる重度のカビ等は貸主の負担とされることがあります。水漏れや配管の破損を放置した結果が特別損耗になる事例が多いです。

石膏ボードの穴

壁に画鋲などを刺すこともあると思います。これは程度によって変わるため注意が必要です。ポスターを貼ることは通常の範疇と判断されることもありますが、壁紙の下の石膏ボードまで穴が空いている場合は、修繕費が発生する可能性もあります。

経年劣化(けいねんれっか)との違い

経年劣化とは

通常損耗と似た意味の言葉で経年劣化がありますが、この二つは似て非なるものです。経年劣化は、年数が経つことで劣化したもののことを指します。具体的には畳や壁の日焼けや、釘やねじが錆びてスムーズに動かせなくなった場合も経年変化に含みます。

つまり、経年劣化は時間の流れによって自然に発生する損耗、通常損耗は人が生活をしていく中でほぼ必ず発生する損耗のことを指します。

経年劣化によって修繕費が発生した場合でも、借主の負担義務はありません。経年劣化とお金の関係に関しましては、こちらの記事で詳しくまとめています。こちらも合わせてご参照ください。

原状回復義務の範囲

原状回復義務の範囲

原状回復義務の範囲は事業目的で借りているオフィスなどと賃貸住宅とで変わります。通常損耗や経年劣化は誰が負担するか曖昧になりやすいので注意が必要です。

賃貸住宅の原状回復義務

基本的に、賃貸住宅の原状回復は、特別損耗は借主負担、通常損耗や経年劣化は貸主が負担します。基本的には借主は退去時に追加で修繕費を払う必要はありません。

オフィスや店舗などの原状回復義務

オフィスや店舗などの原状回復義務はほぼ100%借主が負担します。経年劣化や通常損耗など関係なしにほぼ全て借主が負担することになります。

まとめ

原状回復において、基本的に通常損耗と経年劣化は貸主の負担、特別損耗は貸主負担です。ただし、賃貸借契約書に通常損耗もすべて借主負担の約されている場合、通常損耗の回復まで含めて原状回復の基準となります。

原状回復に関するトラブルは非常に多く、国がガイドラインが設置させるまでとなりました。それほどトラブルが起こりやすいものでもあります。原状回復義務内容についてしっかりと内容を確認、理解した上で契約を締結しましょう。

なお、万が一トラブルが起きてしまった際の相談先はこちらの記事でまとめています。こちらも合わせてご参照ください。

ウラシコへおまかせください!

株式会社ウラシコのスタッフ

株式会社ウラシコは愛知県名古屋市の内装解体工事の専門業者です。東海3県を中心に年間1,500件以上の現場で、内装解体、原状回復、スケルトン解体、廃棄物撤去等を行っております。

解体工事に関するご相談お見積りは無料で対応させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください!解体業者は怖いイメージありますが、ウラシコは違います。明るく元気な社長・現場マンが対応します!

関連記事

一覧に戻る

サイト内検索SEARCH