LINE

株式会社ウラシコ|愛知県名古屋市の原状回復工事業者

スタッフブログ Staff blog

原状回復するときは古くなった内装も対象?経年劣化と原状回復費用のお金事情を徹底解説いたします

経年劣化と原状回復費用

賃貸のオフィスや店舗を退去する際に行わなければならない現状回復ですが、この現状回復にかかる費用の事情を詳しく知りたい人は多いのではないでしょうか。この記事では特に、現状回復において経年劣化が費用にどのように影響を与えるのか簡単に解説します。

経年劣化とは

経年劣化の範囲

現状回復を行う時よく耳にする経年劣化という言葉がありますが、そもそもどのような意味なのでしょうか。経年劣化とは、時間の経過とともに品質が低下することを言います。一般的に建物は、様々な理由で時間が経過するとその品質が下がってしまうものです。

例えば、日光によって壁や床が日焼けして色が変化したり、浴室やトイレの壁が黄ばんだり、湿気で窓際のゴムが傷むなどがあります。

経年劣化と通常損耗の違い

経年劣化と通常損耗の違い

経年劣化と似た言葉で通常損耗という言葉もよく耳にすると思いますが、これら二つの言葉は意味が違うので注意しましょう。簡単に言うと、何もしなくても品質が劣化してしまうのが経年劣化、一方普通に生活していてもできてしまう傷や痛みが通常損耗です。

通常損耗の例としては、机やベッドを置いていた部分の床が凹んでしまったり、テレビや冷蔵庫による壁の電気焼けなどがあります。

経年劣化と通常損耗の違いを説明しましたが、これらは基本的に原状回復を行う必要はありません。費用は大家さん負担となるということです。賃貸物件を退去した時などに聞く「原状回復」とは一体何か?こちらの記事で詳しく解説しています。ぜひ合わせてご参照ください。

経年劣化はどこまで?

国土交通省が発表しているガイドラインによると経年劣化や通常損耗には原状回復義務がないと記されています。

国土交通省:原状回復をめぐるトラブルとガイドライン

経年劣化・通常損耗に当てはまるかどうかを見分けるポイントは故意・過失による傷や汚れであるかどうかです。詳しくは以下、場所ごとに経年劣化に当てはまる場合と当てはまらない場合を紹介します。

フローリング・畳

フローリング・畳の経年劣化

日光による日焼け、テーブルの脚部分の凹みは原状回復義務が無い。(経年劣化・通常損耗に当てはまる)食べ物・飲み物をこぼしてできた汚れ・染み、ペットによる汚れや傷は原状回復義務がある。(経年劣化・通常損耗に当てはまらない)

張替が必要な場合、住んでいる年数や張替の範囲によって費用が変わってきます。

壁の経年劣化・通常損耗

日光による日焼け、壁紙の下地を変える必要のない画鋲の穴は原状回復義務が無い。(経年劣化・通常損耗に当てはまる)タバコの使用による汚れや臭い、壁紙の下地の交換が必要となる画鋲や釘の穴・傷は原状回復義務がある。(経年劣化・通常損耗に当てはまらない)

フローリングと同様に、張替が必要な場合、住んでいる年数や張替の範囲によって費用が変わってきます。

水回り

水回りの経年劣化・通常損耗

浴槽や壁の黄ばみ、浴室のパッキンの故障は原状回復義務が無い。(経年劣化・通常損耗に当てはまる)掃除を怠ったことによるカビや水垢は原状回復義務がある。(経年劣化・通常損耗に当てはまらない)

原状回復をめぐるトラブルとガイドラインについてはこちらの記事で詳しく解説しています。是非こちらも合わせてご参照ください。

経年劣化と現状回復義務

経年劣化と原状回復費用

原状回復にかかる費用は、契約する際に敷金として払った額から差し引かれます。これまで解説してきたように、経年劣化・通常損耗による汚れや傷は原状回復義務がありません。

つまり、経年劣化・通常損耗には原状回復費用をかける必要がないので経年劣化・通常損耗だけの時、敷金は返金されるということです。

まとめ

現状回復における経年劣化のまとめ

原状回復において経年劣化は回復義務がないので費用に影響することはありません。注意しておかなければならないのは、どこまでが経年劣化と見なされるのかです。故意・過失の傷や汚れは経年劣化と見なされないので、あらかじめ原状回復を行う前にチェックしておきましょう。

この記事で経年劣化と現状回復について理解したうえで、信頼のできる現状回復業者へ依頼しましょう。依頼する時に知識があることで余分な費用を請求されることを防げます。適切な費用で原状回復を行うために、実績の多い原状回復業者へ依頼しましょう。

信頼できる解体業者の選び方は、こちらの記事でも詳しく解説しています。こちらも合わせてご参照ください。

ウラシコへおまかせください!

株式会社ウラシコのスタッフ

株式会社ウラシコは愛知県名古屋市の内装解体工事の専門業者です。東海3県を中心に年間1,500件以上の現場で、内装解体、原状回復、スケルトン解体、廃棄物撤去等を行っております。

解体工事に関するご相談お見積りは無料で対応させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください!解体業者は怖いイメージありますが、ウラシコは違います。明るく元気な社長・現場マンが対応します!

関連記事

一覧に戻る

サイト内検索SEARCH