LINE

株式会社ウラシコ|愛知県名古屋市の原状回復工事業者

スタッフブログ Staff blog

【名古屋市版】事業系ごみ(産廃・残置物)の処理方法|退去工事専門業者が詳しく解説します

名古屋市の原状回復トラブルの相談先

「名古屋市で運営しているお店を閉店しようと考えているんだけど、原状回復工事で出る産業廃棄物や残置物の処理はどのようにしたらいいんだろう」

「名古屋市の事業系ゴミ(産業廃棄物・残置物)の適切な処理方法を知りたい」

このように、事業系ゴミ(産業廃棄物・残置物)の適切な処理方法に悩んでいるオーナーの方は多いのではないでしょうか?この記事では、名古屋市で出た事業系ゴミ(産業廃棄物・残置物)の適切な処理方法を詳しく解説していきます。

事業系ゴミ(産業廃棄物・残置物)の処理方法は複雑で、どのように処理をしたらいいかわからない方が多いです。しかし、事業系ゴミ(産業廃棄物・残置物)は適切な処理を施さないと、後に罰金や罰則などの痛い目を見ることになってしまう可能性が。

この記事をチェックして、名古屋市で出た事業系ゴミ(産業廃棄物・残置物)を適切に処理するようにしましょう。また、名古屋市の原状回復に関するトピックはこちらのカテゴリーにまとめています。ぜひ合わせてご確認ください。

名古屋市の事業系ゴミ(産業廃棄物)の処理方法

名古屋市の事業系ゴミ

名古屋市で出た産業廃棄物の処理方法は、主に「自分で処理施設に持っていく」「産業廃棄物処理業者・退去工事専門業者に依頼する」の2つです。

しかし、産業廃棄物を自分で収集運搬するには、さまざまな許可が必要です。多くの時間を必要とするため、現実的ではないでしょう。産業廃棄物を処理するには、産業廃棄物処理業者・退去工事専門業者に依頼するのが適切かつ手軽です。

産業廃棄物を運搬・処理するには、名古屋市の市長から許可を得る必要があり、許可証を保持する必要があります。

産業廃棄物収集運搬許可証を持っていない業者は、悪徳な業者である可能性が高いため、注意してください。また、産業廃棄物処理専門の業者は、退去工事専門業者に比べると費用が高くついてしまいます。

一方、退去工事専門業者に産業廃棄物の処理までを一括して依頼することで、費用を抑えることができ業者の手配が一社で済むため、手軽です。

名古屋市の事業系ゴミ(残置物)の処理方法

名古屋のフェンス撤去

名古屋市の残置物処理方法は主に以下4つです。

  • 粗大ゴミ回収を利用する
  • 業者に回収してもらう
  • 購入した・新しく購入する店舗に引き取りを依頼する
  • 買取業者に依頼する

上記4つの残地物処理方法で、一番合う方法を選びましょう。ただし、残置物に関しては、勝手に処分してはいけない場合もあるので、貸主の許可を得てから処分をするようにしてください。

粗大ゴミ回収を利用する

棚やテーブル、椅子などの家具類は、名古屋市の粗大ゴミ回収を利用するといいでしょう。粗大ゴミ回収は、大きさや物の種類によって手数料が250円、500円、1000円、1500円と分かれています。

事前に、粗大ゴミ受付センターに連絡して、料金を確認しておくといいでしょう。また、粗大ゴミ回収は月に1回の収集日が決まっており、事前申し込み制となっているので、早めの行動が求められます。

粗大ゴミでは、家電リサイクル法の対象となっているテレビ、エアコン、冷蔵庫などは回収不可能となっているので、注意してください。飲食店で使用していた大型の厨房機器は、基本的に粗大ゴミに出せないと考えておくといいでしょう。

以下が名古屋市の粗大ゴミに関するリンクになりますので、参考にしてみてください。

名古屋市粗大ごみの分け方・出し方

業者に回収してもらう

名古屋市の事業系ゴミ(残置物)の処理方法

不用品回収の業者に依頼するのも一つの手段でしょう。不用品回収業者は粗大ゴミと違い、家電リサイクル法の対象となっている残置物も引き取ってくれる可能性が高いです。また、依頼から引き取りまでの時間が短く、処理にかかる手間を削減できます。

しかし、粗大ゴミなどと比べて、回収費用が高くなってしまう可能性や悪徳業者につかまってしまう可能性があります。業者選びは慎重におこなってください。

もちろん、名古屋市内の産業廃棄物、残置物の撤去収集運搬はウラシコにお任せください!産業廃棄物運搬収集、古物商の資格を有しておりますので、安心安全、お得に撤去させていただきます!

購入した・新しく購入する店舗に引き取りを依頼をする

テレビ、エアコン、冷蔵庫などの家電リサイクル法の対象となっているものは、購入した家電量販店または、これから購入する家電量販店に引き取ってもらうのもいいでしょう。この方法のメリットは処理にかかる費用を抑えることができることです。

次に購入する予定がなかったり、購入履歴がない場合は、近くの家電量販店に引き取りの依頼をすることで、処理することができます。名古屋市では、市での回収をおこなっていません。

以下のリンクを参考にして、家電リサイクル法の対象となっている残置物の処理を行なってください。

名古屋市家電リサイクル法対象機器の処理方法

買取業者に依頼する

飲食店の厨房機器などで、まだ使用できる残置物は、買取業者に依頼するとその場で現金と交換できます。残置物の処分となると、基本的に処理費用を支払わないといけません。しかし、買取業者に依頼すると一般的に処理費用を支払わなくて済みます。

残置物の処理費用を抑えたい場合に最適でしょう。買取業者もさまざまあるので、買取実績や買取相場などを確認して依頼するといいでしょう。

そもそも産業廃棄物とは

名古屋の店舗の原状回復

廃棄物は、一般廃棄物と産業廃棄物に分けられます。一般廃棄物は、家庭ごみで出るようなゴミと考えるといいでしょう。

一方、産業廃棄物は、事業活動で発生した廃棄物で、環境汚染の原因となるものを指します。以下のようなゴミが産業廃棄物として定められています。

  • 法律として指定→燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類
  • 政令として指定→紙くず、木くず、繊維くず、動植物残さ、動物系固形不要物、ゴムくず、金属くず、ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず、鉱さい、がれき類、ばいじん
  • 水銀を含むもの→水銀使用製品産業廃棄物、水銀含有ばいじん等
  • 特別管理産業廃棄物→引火性廃油、腐食性廃酸、腐食性廃アルカリ
  • 特定有害産業廃棄物→廃PCB等、PCB汚染物、PCB処理物、廃水銀等、廃石綿等、重金属等の有害物質を含有した産業廃棄物、ダイオキシン類を含むばいじんや燃え殻、ダイオキシン類を含む汚泥や廃酸、廃アルカリ

上記についてもっと詳しく知りたい方は、以下のリンクを確認ください。

産業廃棄物処理の手続き(名古屋市環境事業部)

まとめ

名古屋市粗大ごみ

この記事では、名古屋市で出た事業系ゴミ(産業廃棄物・残置物)の適切な処理方法を詳しく解説してきました。この記事の重要ポイントは以下です。

  • 名古屋市で産業廃棄物を処理する場合は、産業廃棄物処理業者または退去工事専門業者に依頼する
  • 粗大ゴミで残置物を処理する場合は、事前の収集連絡や収集日の確認、手数料の支払いを怠らないようにする
  • 家電リサイクル法に該当する残置物は、名古屋市での回収は行っていないため、不用品回収業者や買取業者、購入した・これから購入する家電量販店に引き取りの依頼をする
  • 飲食店の厨房機器でまだ使用できるものは買取業者に依頼すると、処理費用を抑えることができる
  • 産業廃棄物は、細かく分類されているため該当しそうな廃棄物は業者に必ず依頼する

事業ゴミ(産業廃棄物・残置物)の処理は、複雑で手間がかかるものが多いです。事業ゴミ処理についてわからないことがあれば、名古屋市の環境局事業部廃棄物指導課(産業廃棄物指導係)に電話して聞くといいでしょう。上記のポイントを参考にして、名古屋市の事業ゴミ処理で失敗しないようにしましょう。

信頼できる解体業者の選び方は、こちらの記事でも詳しく解説しています。こちらも合わせてご参照ください。

ウラシコへおまかせください!

株式会社ウラシコのスタッフ

株式会社ウラシコは愛知県名古屋市の内装解体工事の専門業者です。東海3県を中心に年間1,500件以上の現場で、内装解体、原状回復、スケルトン解体、廃棄物撤去等を行っております。

解体工事に関するご相談お見積りは無料で対応させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください!解体業者は怖いイメージありますが、ウラシコは違います。明るく元気な社長・現場マンが対応します!

関連記事

一覧に戻る