LINE

株式会社ウラシコ|愛知県名古屋市の原状回復工事業者

スタッフブログ Staff blog

【厨房機器の処分方法】飲食店の備品をお得に買い取ってもらうポイントをご紹介します

飲食店の備品買取

厨房機器を処分したいときにはどうしたらよいのでしょうか?買い取りに出すとしても、どのようなものを買い取ってくれるのでしょうか?今回は、飲食店の備品をお得に買い取ってもらえるポイントをご紹介します。

また、原状回復に関する節約術や財テクは、こちらのカテゴリページで詳しく解説しています。ぜひこちらも合わせてご参照ください。

飲食店の備品を買い取ってもらうメリット

厨房機器の買い取り

備品の状態にもよりますが、お店にあるほとんどの什器や機器が買い取り対象となります。飲食店の備品を買い取りしてもらうメリットは、処分費用が安くなることです。

厨房機器などをまとめて業者に処分を依頼するよりも、買い取り業者やリサイクル店に買い取ってもらうか引き取ってもらえる方が安いです。仮に買い取りできない備品がある場合でも、買い取り業者がそのまま処分してくれたり、割安で処分してくれるので手間も省けます。

SDGsの観点からもメリットがある

さらには、使わない備品を買い取ってもらうことは、SDGsにも取り組むことになります。不用品をリサイクル・リユースすることによりごみが減ったり、まだ使える備品を使いたいという人の手に渡すことができます。

これらはSDGsの「11.住み続けられるまちづくりを」「12.つくる責任つかう責任」を目指す取り組みにもつながります。なお、持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。日本としても積極的に取り組んでいます。

外務省:SDGsとは?

飲食店の備品とは

飲食店の厨房機器

大きな傷や破損、故障がない限り、大体の備品が買い取り対象となりますが、飲食店の備品を具体的に紹介します。

テーブル、椅子、レジ、パソコン、皿、グラス、鍋、パーテーション、エアコン、食洗機、冷蔵庫、冷凍庫、製氷機、製麺機、ゆで麺機、フライヤー、真空包装機、照明などです。

このように飲食店には店舗用品、調理道具、厨房用品、事務用などさまざまありますが、中古品でも人気があるのはやはり厨房機器です。

新しい厨房機器を買うのはやはりお金がかかるので、新しくお店を始めたい方々が中古品でまず開業に必要な店内の厨房機器をそろえたりすることが多くあります。例えば、冷凍ストッカーや製氷機、レジなどはどの飲食店にも必要となるので人気です。

店舗の原状回復の抑える方法につきましてはこちらの記事で詳しくまとめています。是非こちらも合わせてご参照ください。

厨房機器をお得に買い取ってもらうポイント

厨房機器買い取りのポイント

①まとめて買い取りに出す

1つの備品を買い取りに出すより、まとめて1度にたくさんの備品を買い取りに出した方が買い取り価格が上がります。配送や人件費を抑えられるので、その分買い取り価格に上乗せされます。また、業者が買い取ったものをセット販売できるので中古で購入してくれる確率も上がります。

②購入してから5年以内のもの

使用している期間が長くなるほど、価格は下がります。また、厨房機器などの機械は使わないでいると、劣化し状態が悪くなります。飲食店の退去時のみならず、使わなくなった機器や新しく機器を買い替えたときには少しでも早く買い取りに出しましょう。

③きれいな状態のもの

破損や傷の多い備品は買い取ってもらえないことが多いです。油汚れなどを自分で軽く掃除するだけで、きれいな状態にしておきましょう。多少古い備品でも、きれいな状態だと高額で買い取ってもらえることがあります。

④購入時の付属品もあるとよい

買い取りに出すときまだ保証期間中の場合、保証書もあると買い取り価格が上がります。また、付属のケーブルや取り扱い説明書など、購入したときに同梱されていたものが一緒にあると、買い取り価格が高くなります。

⑤大手メーカーだとより価格が上がる

買い取り業者によっては備品の買い取り対象メーカーがあるのでサイトなどをチェックしましょう。ホシザキやマルゼン、ダイキン、サンヨーなどの大手メーカーは中古品でも需要があるため、買い取り価格が高くなる傾向にあります。

⑥買い取りに出す時期で価格が上がる

餅つき機やかき氷機、流しそうめん機などの季節商品はその機器を使う季節の少し前に買い取りに出すと高く売れることがあります。すぐに売れるものは多少高くなっても買い取った方が利益になるからです。

まとめ

厨房機器などの備品

まず、飲食店のリニューアルや閉店の際には、厨房機器などの備品を買い取り業者に買い取ってもらいましょう。その際気を付けるのは、きれいかどうか、購入してから5年以内か、まとめて買い取りに出すの3つでまず査定金額が変わってきます。

さらに、買い取り価格を上げるためには、備品のメーカーや保証書や付属のアダプターなどがあるか、買い取りに出す時期も考慮しましょう。そのほか、飲食店の備品買取についてわからないことはお気軽にお問い合わせください。

いらないものは高く売って、なるべく費用を抑えましょう。こちらの記事では買取査定時で安くなるポイントを詳しく解説しています。ぜひ合わせてご参照ください。

ウラシコへおまかせください!

株式会社ウラシコのスタッフ

株式会社ウラシコは愛知県名古屋市の内装解体工事の専門業者です。東海3県を中心に年間1,500件以上の現場で、内装解体、原状回復、スケルトン解体、廃棄物撤去等を行っております。

解体工事に関するご相談お見積りは無料で対応させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください!解体業者は怖いイメージありますが、ウラシコは違います。明るく元気な社長・現場マンが対応します!

関連記事

一覧に戻る

サイト内検索SEARCH