LINE

株式会社ウラシコ|愛知県名古屋市の原状回復工事業者

スタッフブログ Staff blog

【名古屋市】退去トラブルはどこに相談すればいい?原状回復専門会社が徹底解説いたします

名古屋市の退去トラブルの相談先

賃貸物件を退去する際には原状回復を行わなければいけません。しかしこの原状回復で負担範囲や費用など様々なトラブルが起こっています。こういったトラブルを未然に防ぐため、また、もしトラブルが発生してしまったときに相談すべき所などを解説します。

原状回復とは

原状回復とは、退去時に入居した時の状態に戻すことを言います。これは借主に義務付けられていることで必ず必要なことです。国土交通省が発行した原状回復ガイドラインには原状回復について以下のように明記されています。

「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」

原状回復につきましては、こちらの記事でより詳しく解説しています。これから退去をご検討されている方は、ぜひ合わせてご参照ください。

原状回復をめぐるトラブルの例

原状回復は、経年劣化や通常損耗通常については大家さんが修繕費用を負担する必要があります。本当は負担しなくてもいい部分を借主負担にしていたり、原状回復範囲が違うなどによって様々なトラブルが実際に起こっています。

以下具体的に例を紹介します。

敷金が返ってこない

敷金が返ってこない

よくあるトラブルの一つとして敷金に関することです。先ほど説明したとおり、経年劣化や通常損耗の場合は、大家さんが修繕費を負担しますので、原状回復費用はかかりません。そのため、特別損耗が無い、または少ない場合は敷金は借主に返却されるはずです。

しかし、退去時に敷金が返ってこない、というトラブルがよくあります。要因としてよくあることが、賃貸契約書の特約の記載です。特約に経年劣化や通常損耗の原状回復を敷金から補償する旨の記載がある場合、敷金からその費用が差し引かれます。

追加で高額な費用を請求される

追加で高額な原状回復費用を請求される

敷金が返ってこないだけでなく、追加で高額の費用を請求されることもあります。タバコのヤニ汚れやペット、掃除や水漏れを放棄してしまった汚れなどは、特別損耗となり借主が負担する必要があるので、費用を請求されるのは仕方がありません。

しかし、家具による畳やカーペットのへこみ、冷蔵庫やテレビなど家電製品の電気焼けなどは通常損耗になりますので、費用を負担する必要はありません。そういった部分の費用が余分に請求されてしまうというトラブルもよくあります。

入居時の傷の修繕を要求される

入居時の傷の修繕を要求される

築年数が古い賃貸物件の場合、入居時に以前住んでいた人による傷が残っていることもあります。もちろん元からついていた傷の修繕をする必要はないですが、原状回復費用を請求されることがあります。

トラブルを未然に防ぐ方法

退去時に原状回復をめぐってトラブルを起こさないためにも、未然に防ぐ努力をしましょう。

契約内容をしっかり確認する

原状回復をめぐるトラブルを未然に防ぐ方法

入居時の契約をしっかりと確認してないことによるトラブルは多いです。先ほど説明したとおり賃貸契約時に「特約」を規定することで、貸主は借主に費用を負担させることができるからです。

しかし、退去直前に気づいたからもう遅い、というわけではありません。工事が始まる前に交渉することで、交渉の余地が生まれます。工事後に予想外の費用を請求されてしまったという事態を防ぐことができますので、必ず隅々まで確認しましょう。

原状回復のルールを理解しておく

原状回復のルールを理解しておく

国土交通省が発行している「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を参考に、原状回復で負担しなければいけない部分、しなくてもいい部分についてあらかじめ理解を深めておきましょう。借主と貸主の双方がルールを理解しておけばトラブルに発展しにくくなるはずです。

原状回復ガイドラインはこちらから全文を読むことができます。
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk3_000021.html

また、原状回復をめぐるトラブルとガイドラインについてはこちらの記事で詳しく解説しています。是非こちらも合わせてご参照ください。

入居時の状態を写真に残しておく

入居時の状態を写真に残しておく

入居時の傷について原状回復費用を請求されたときに元から傷があったことを証明するために、入居前の家具がない状態で写真に残しておくことをおすすめします。もしくは「現況確認書」という形で入居時の状態を記載して残しておきましょう。

名古屋市で原状回復トラブルが起きた時に相談すべきところ

名古屋市で原状回復トラブルが起きた時に相談すべきところ

原状回復をむぐるトラブルが発生した時に相談すべき窓口を以下紹介します。

消費者ホットライン

消費生活センターが運営している相談窓口で、消費者の生活関係全般の相談を受け付けています。弁護士などの専門機関や、業者側との交渉によって解決をめざすあっせんという制度の紹介も行っています。

名古屋市の消費生活センター  https://www.seikatsu.city.nagoya.jp/

法テラス

国が運営する法的なトラブル全般を取り扱う相談所です。賃貸契約や欠陥住宅、家賃滞納について相談することができます。

法テラス相談窓口 https://www.houterasu.or.jp/app/org

日本司法書士総合相談センター

日本司法書士会連合会が運営している法律に関する相談窓口です。賃貸関係では特に敷金トラブルなどに対応しています。

愛知県司法書士会 https://www.ai-shiho.or.jp/contact/consultation/

まとめ

いかがでしたでしょうか。原状回復をめぐるトラブルが起きた時には、一人で解決しようと思わずこの記事で紹介した窓口へ相談することをオススメします。しかし、トラブルは未然に防ぐことが大切です。トラブルに発展しないように対策をすること、信頼のおける原状回復業者へ依頼することが大切です。

株式会社ウラシコは愛知県名古屋市に拠点を置く原状回復工事の専門業者です。名古屋市を中心に地元に根ざした運営方針でどこよりも手厚く親切な対応を心がけております。原状回復に関するご相談、見積もりは無料で対応させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。

また、原状回復に関する節約術や財テクは、こちらのカテゴリページで詳しく解説しています。ぜひこちらも合わせてご参照ください

ウラシコへおまかせください!

株式会社ウラシコのスタッフ

株式会社ウラシコは愛知県名古屋市の内装解体工事の専門業者です。東海3県を中心に年間1,500件以上の現場で、内装解体、原状回復、スケルトン解体、廃棄物撤去等を行っております。

解体工事に関するご相談お見積りは無料で対応させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください!解体業者は怖いイメージありますが、ウラシコは違います。明るく元気な社長・現場マンが対応します!

関連記事

一覧に戻る

サイト内検索SEARCH