LINE

株式会社ウラシコ|愛知県名古屋市の原状回復工事業者

スタッフブログ Staff blog

分離発注とは?解体工事で費用を抑えるポイントを詳しく解説します

解体工事の分離発注とは

内装解体などを行うときは、工務店などに依頼し、解体工事を含め、建て替えや内装工事を一括でやってもらうという方が多いと思います。

しかし最近では、業者に一括で頼むのではなく、解体作業は解体業者に直接依頼し、分離発注という方法をとる人が増えています。一括で業者に頼むより、費用を抑えることができる分離発注について、今回は詳しく解説します。

分離発注とは

分けられる工程で分け、別々に最適な業者に依頼することを分離発注といいます。家屋解体だけでなく、スケルトン工事や原状回復などの内装解体も分離発注を行うことが可能です。

解体工事における分離発注とは

家やオフィスの建て替えを行う場合、解体から建築までの工程を、まとめて請け負っている業者が多くあります。やはり、すべてまとまっていると安心感があり、手続きなどの手間が省けるため、一括で依頼することが一般的となっています。

しかし、一括で依頼ができる業者は、解体工事を自社で行わず、下請け業者に任せていることが多いことも現状です。

それに対して、解体工事などそれぞれの工程を専門の解体業者に依頼するのが、分離発注です。分離発注では、自分で業者を探し、直接発注しなければなりません。依頼者側にとっての負担もありますが、その分利点もあります。

解体工事にかかる費用の削減

分離発注で費用削減

解体工事を分離発注するの一番のメリットは、解体工事にかかる費用を削減できることです。

一括で業者に発注する場合、解体工事は自社では行わず、下請けの業者に任せてしまうのが一般的です。この場合業者と下請け業者の間に仲介料や手数料が発生し、その分が見積もりに上乗せされるようになっています。

解体工事を専門業者に分離発注することで、仲介手数料分の費用を削減することができます。解体業者に工事を直接依頼すれば、手数料が発生することがないからです。

一般的に、分離発注にすると一括での発注より、20%~30%ほど費用を抑えられます。工事の範囲や内容にもよりますが、見積もり金額が150万円の場合、およそ30万円~45万円の差があります。

下請けの業者が2つ3つと増えるたび、さらに20%~30%の手数料が上乗せされていくのです。費用の面から考えると、一括発注より分離発注の方が明らかに安く解体工事を行うことができます。

原状回復の抑える方法につきましてはこちらの記事で詳しくまとめています。是非こちらも合わせてご参照ください。

解体工事の質が上がる

分離発注で解体工事の質があがる

分離発注の場合、工事の質が上がりやすいというメリットもあります。分離発注は、依頼者側と業者が直接話し合ってから解体工事をすることができるので、細かい要望も伝わりやすく、細部まで気を使った工事を行ってくれます。

解体工事においては、近隣のオフィスや住宅への配慮も必要になります。依頼者側は業者の対応についても直接確認することができるため、近隣とのトラブルになる可能性は低くなります。

一括発注の場合は、依頼者側が直接解体業者の質について確認がしにくいので、近隣とのトラブルなど現場での問題が起こる可能性もあります。また、業者側も元請から請け負う場合と依頼者から直接依頼される場合では、直接依頼される方がより責任感を持って工事を行うことができることもあります。

業者と直接話し合いができる

解体工事について業者と話し合う

先ほども述べたように、分離発注で直接業者に依頼すると業者との意思疎通がよりしやすくなります一括発注をする際、解体工事はほとんどの場合下請け業者が行います。

しかし、依頼者側は下請け業者が作業するとは知らないので、要望がある場合は元請の業者に伝えます。元請業者は、その要望をさらに下請に伝えるため、実際の解体業者は依頼者と直接やり取りしていないため、伝え間違えが生じてしまう可能性も高くなります。

例えば、残したかった塀まで取り除かれてしまったり、壊す予定だった仕切りを残されてしまうということが起こる可能性があります。実際に相談なしで勝手に撤去されてしまったものがあったということが、よく起こるトラブルとして挙げられています。

分離発注では、依頼者は業者と直接交渉することになるため、意思の疎通がより明確になります。間に入る業者もないので、要望を直接に伝えることができ、誤解や間違いが生じるリスクも少なくなります。

また、優良な解体業者に見分け方に関しましては、こちらの記事一覧ページにてまとめております。こちらも合わせてご参照ください。

分離発注は時間がかかる

分離発注は時間がかかる

今まで述べてきたように、費用の面と工事の正確性において解体工事の分離発注はとても良いですが、実はデメリットもあります。それは、手続きなどに関する手間と時間がかかるという点です。

一括発注の場合では、依頼者は解体工事と建築工事、内装工事などを工務店を通してまとめて契約するため、手続きの手間も最小限で済みます。

ハウスメーカーなどが直接解体工事を手がけることはほとんどありませんが、下請けの解体業者と工期や工事範囲の打ち合わせを行ってくれるため、依頼者が自分で解体業者を探す必要がなくなります。

工事の段取りを全て任せられるということは、依頼者の負担を減らせ、さらに専門家が間に入ることでより安心感が生まれます。それに対し、分離発注の場合は、両方の工事をそれぞれ別々の業者に依頼しなければならないため、事務的な手続きの時間も多くかかってしまいます。

また、業者探しも自分で行う必要があるので、その分の時間と負担は大きくなります。さらに、複数の解体業者に見積もりの依頼を行うので、一社一社と打ち合わせを行う必要もあります。そして、業者の質の確認なども、全て自分で行うことになります。

初めての人でも、慣れている人にとってもこうした作業は、多くの時間と労力が必要となります。この負担を考えると、一括での発注をするという人も少なくありません。

まとめ

解体工事の分離発注まとめ

やはり解体工事の分離発注は、とにかく解体費用を安くしたい、ほかのところに費用を使いたい、自分で業者をしっかり見極めて工事を行いたいという希望がある方におすすめします。

分離発注をすることに決めても、一括発注をすることに決めても、すべてを業者にまかせっきりではいけません。依頼者側が、しっかりと要望を伝えて納得できる工事を行いましょう。分離発注の見積もりなど、わからないことは、お気軽にお問い合わせください。

ウラシコへおまかせください!

株式会社ウラシコのスタッフ

株式会社ウラシコは愛知県名古屋市の内装解体工事の専門業者です。東海3県を中心に年間1,500件以上の現場で、内装解体、原状回復、スケルトン解体、廃棄物撤去等を行っております。

解体工事に関するご相談お見積りは無料で対応させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください!解体業者は怖いイメージありますが、ウラシコは違います。明るく元気な社長・現場マンが対応します!

関連記事

一覧に戻る

サイト内検索SEARCH