LINE

株式会社ウラシコ|愛知県名古屋市の原状回復工事業者

スタッフブログ Staff blog

オフィス・テナントの内装解体工事の種類と流れを徹底解説!費用の目安もご紹介します

内装解体工事の種類と流れ

今回は内装解体工事のあれこれについてみていきましょう。手順や流れはもちろん、気になる相場やお金のことまでしっかりとお伝えしていきます。実際に退去の際に何が必要になってくるのか、費用はどれくらいかかるのかなどの疑問を解決する役に立てばと思います。

なお、こちらの記事は前編「工事を開始するまでの準備」と後編「実際に行われる工事の流れ」に分かれています。こちらの記事は前編です。後編はこちらをご参照ください。

内装解体とは?

内装解体工事までの流れ

内装解体とは、建物本体や構造物はそのままに、内部を空っぽの状態や次のテナントが使えるようにすることです。対象となる物件はさまざまで、レストランや居酒屋などの飲食店やテナントビル、オフィス、コンビニ、スーパー、倉庫など多岐にわたります。

賃貸借物件からの撤退や移転の際には、内装をきれいにしてから明け渡す決まりとなっていることが多いです。この決まりを原状回復義務と言います。そんな内装解体工事には主に2つの種類があります。スケルトン工事と原状回復工事の2種類です。

スケルトン工事

内装解体のスケルトン工事

スケルトン工事は、建物の構造体以外を全て取り除き、内部に何もない状態にする工事です。天井や床、間仕切り、柱などの人工的に作られたものはもちろんのこと、電気配線やエアコンなどの関連設備も全て撤去し、室内の空間だけが残るようになります。

鉄筋コンクリート造の建物の場合には、コンクリート打ちっぱなしの状態になります。このコンクリート打ちっぱなし状態を「スケルトン物件」と呼び、スケルトン状態にして借主に返却することを「スケルトン返し」「スケルトン渡し」「スケルトン戻し」などと呼びます。

スケルトン物件に関しては、その他にも様々なルールや決まりがございます。こちらのページではスケルトン工事に関する内容をより詳しくご紹介しております。こちらも合わせてご参照下さい。

原状回復工事

居抜き工事

原状回復工事は、賃貸借契約で借りた物件を、契約書に記載の状態(多くの場合には、入居した時の状態)に戻す工事です。退去の際には、ほぼ100%と言っていいほど、この工事をしなければならず、居抜き物件を借りた場合は、入居後に増築した造作などの撤去工事を、借りた時の状態がスケルトンであれば、スケルトン工事をすることになります。

また、賃貸契約内容によっては、特約などで、契約時に居抜きであっても、返却時にスケルトン工事を求められることもございます。

似たような言葉に、「原状復帰」という言葉があります。厳密には「原状回復」が法律用語で「原状復帰」が建設用語となりますが、意味する内容はほぼ同じです。

ごく稀に、原状回復をしなくても良い場合もありますが、これは居抜き物件の返却時などで造作譲渡という制度を用いて行います。居抜き物件に関する記事はこちらをご参考ください。前後編に別れており、少し長いですがご一読いただけたら幸いです。

内装解体工事までの流れ

内装解体工事では、通常の解体工事と同じような流れで進んでいきますが、一部特有の手順もありますので、しっかりと確認してください。それでは、具体的にみていきましょう。

①借主と貸主との打ち合わせ

内装解体工事の打ち合わせ

まずは借主と貸主が打ち合わせを行います。内容としては、解約通知や明け渡し期日の決定、原状回復工事の内容の確定、敷金を払っている場合にはその返還期日についてなど、事前に明確にすべき点がいくつかあります。

原状回復工事については、基本的には賃貸借契約契約書に記載があればその内容で工事を行わなければなりませんが、記載がない場合や「両者の話し合いで決定する」ような文言があった場合には、事前に打ち合わせする必要があります。

貸主が次の入居者を既に決めている場合、内装の一部を残しての工事でも良い場合も考えられます。また、造作譲渡を行う場合も一度原状回復工事を行わなければならない場合も発生する可能性がありますので、しっかりと確認する必要があります。

最終的な合意が、契約書の内容ではない場合もありますが、貸主が納得し、その内容で合意しているのであれば、その内容が優先されることになりますので、しっかりと話し合い工事内容を確定しましょう。

②内装解体業者の選定

内装解体業者の選定

明け渡し期日、原状回復工事の内容が決まれば次は、内装解体工事をやってもらう業者を決めます。工事の種類や内容、建物の場所、時間帯などによって工期や費用が変わってきます。貸主との打ち合わせで決まった内容を実現するために最適な業者を選びたいものです。

ここで注意が必要なのが、見積もりです。実際に見積もりをしてもらうときには、口頭で説明するだけでは不十分であることもあります。実際に現場で目で見て解体するところ、残すところを一つ一つ確認することが大切です。

また、見積もりの際には周囲の状況なども確認されます。周囲に大型車を停めるスペースがあるかどうか、近隣へのあいさつが必要になるかどうかなど業者側も気にするところです。口頭だけで出された見積もりは、いざやったときに追加の費用を請求されることもありますので注意してください。

③近隣へのあいさつ

工事の日程が決まったら、近隣住民やテナント、同じ建物内に入っているオフィスなど工事の影響が出るかもしれないところには、事前にあいさつ(工事の連絡)を行っておくのがベターです。騒音や振動、人の往来などさまざまな形で迷惑をかけてしまうことも考えられます。

通常営業しているところに、事前の連絡なくそういった問題が生じてしまうと不快に感じる方も少なくありません。最悪の場合クレームとなり、トラブルに発展してしまう恐れもあります。そういったトラブルを未然に防ぐためにも、周囲にはきちんと気を配り良好な関係を築きましょう。

④残地物(不用品)の撤去

残地物の撤去買取

内装解体工事が始まる前までに、必要なものは搬出し、リース品は返却、不用品はリサイクル業者に買い取ってもらったり、粗大ゴミとして処分したりする必要があります。工事開始日までにこれらを撤去していないと、工事期間に影響が出たり、追加費用が発生したりする恐れがあります。

初めから内装解体工事に不用品の撤去まで費用に含まれていれば話は別ですが、そうでない場合は追加費用発生の原因になりますので注意が必要です。まだ使えるものはリサイクル業者に買い取ってもらったり、フリマアプリに出品するなどしたら、工事費などの足しにできるかもしれません。

ここで注意で必要なのが、家電製品などです。各自治体の規定や 特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)により、処理の仕方が決められているものは、その方法に則って処分しなければなりませんので、事前にきちんと調べた上で処分してください。

⑤ライフラインの停止

ライフラインの停止

不用品の撤去と同時に、各ライフライン(電気やガス、水道など)の利用停止手続きも進めなければなりません。水道に関しては、工事の終わりに清掃などで使用する場合があるため、解体業者に事前に止めていいか確認するのが良いですが、そのほかについては、止めてしまって大丈夫なことが多いです。

この辺りのことについては、見積もりの際には確認しておくのが無難かもしれません。ガスの停止には立ち合いが必要な場合もありますので、事前に確認しておいた方がいいでしょう。ここで、気をつけなければならないのが、入居している物件がビルなどに入っている場合です。

ビルなどの建物の場合、水道やインターネットなどはその建物全体で契約している場合があります。その場合には、貸主や管理会社などと話し合う必要があります。個人で支払っているか、家賃と一緒に払ってあるかによってわかると思いますので、自分はどちらのパターンなのか把握しておく必要があります。

ここまで、工事までに必要なことを大まかに見てきました。本来であれば、閉店や廃業が決まった場合には、各種書類の提出なども必要になります。各種必要書類については、こちらの記事を参考にしてください。

全編はここまでとなります。後編では工事開始から工事終了までの流れを解説して行きます。後編も合わせてご参照ください。

ウラシコへおまかせください!

株式会社ウラシコのスタッフ

株式会社ウラシコは愛知県名古屋市の内装解体工事の専門業者です。東海3県を中心に年間1,500件以上の現場で、内装解体、原状回復、スケルトン解体、廃棄物撤去等を行っております。

解体工事に関するご相談お見積りは無料で対応させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください!解体業者は怖いイメージありますが、ウラシコは違います。明るく元気な社長・現場マンが対応します!

関連記事

一覧に戻る

サイト内検索SEARCH