LINE

株式会社ウラシコ|愛知県名古屋市の原状回復工事業者

スタッフブログ Staff blog

オフィスや工場の資産除去債務とは?概要を理解して原状回復の費用を削減しましょう!

オフィスや工場の資産除去債務

オフィスや工場の経理に欠かせないのが、資産除去債務という会計上の処理です。資産除去債務は法律で義務付けられているため、正しい仕訳処理を知っておかなければいけません。

この記事では、複雑な資産除去債務をわかりやすく説明します。仕組みを知っておくと、経費削減にもなるので大変便利です。また、建物自体の解体工事ではない内装解体工事(原状回復工事)の勘定科目と仕分け方法はこちらで詳しく解説しています。こちらも合わせてご参照ください。

資産除去債務とは

資産除去債務とは

まずは資産除去債務の概要について説明します。資産除去債務は負債の勘定項目として表示するものです。実はこの資産除去債務は、国際的な会計基準に合わせたものです。従来、日本では負債に計上する処理は存在していたものの、電力業界といった一部に限られていました。

国際基準に合わすため法律が改定。日本では2010年4月1日以降の事業年度から適用可能になっています。これにより、将来的に除去が必要な資産の費用を見積もり、現在の価値に換算した金額を負債の勘定項目として計上できることになりました。

それでは、資産除去債務にはどのような定義が定められているのか、また実際に使われている具体例とあわせて見ていきましょう。

資産除去債務の定義

資産除去債務の定義

資産除去債務に計上するには、定義を知っておくことが大切です。将来的に売却や廃棄の可能性があったとしても、法律上の義務に準じなければ、資産除去債務として計上できません。

考え方としては下記の通りです。

  • 有形固定資産の取得や建設、開発など、通常の使用で生じるもの
  • 売却や廃棄、リサイクルなどの資産の除去に該当するもの
  • 法律や契約出要求される、法律上の義務に準ずるもの

資産除去債務とは、有形固定資産の使用年数が過ぎて処理するときに、経費が必要になることがあらかじめわかっていることがあります。そのため、有形固定資産を購入した時点において、処理費用も計上しておこうという考えです。

適用される具体的な例

資産除去債務が適用されるのは、おもに以下のような作業が発生したときです。

  • 賃貸物件の原状回復費用
  • 建物の修繕費用
  • 建物の解体費用
  • 建築による土壌汚染やアスベスト除去費用
  • 原子力発電所の解体費用

資産除去債務の計算方法

資産除去債務の計算方法

資産除去債務の仕訳方法ですが、オフィスや工場で必要な原状回復費用を元に説明していきます。ここで覚えておきたいのは、減価償却費と原状回復費がポイントです。まず資産除去債務を計上するためには、それに対する取得した資産が必要です。取得した資産の負債として計上するのは、原状回復費の見積もり額です。

見積もり額は、工事を依頼する業者が作成してくれます。この見積もり額がそのまま資産除去債務へと変化します。しかし資産除去債務として計上するには、原状回復費から現在の価値を割り引く特別な計算が必要です。

以下に、特別な計算方法を挙げてみました。

  • 原状回復費の見積もり額…100万円
  • 利率…2%

10年後の見積もり額を算出したところ、100万円と提示されました。その10年の間に、毎年利息が2%(2万円)発生すると仮定。

10年間×2万円=20万円

この20万円は利息分として割り引くため、結果として現在の価値にすると80万円という結果になります。

原状回復費はいったん現在の価値に換算する必要があり、そのためには特別な計算が不可欠です。

ちなみに減価償却費も似たような計算方法をします。減価償却費は、利率の部分は耐用年数を使って計算すれば大丈夫です。原状回復の抑える方法につきましてはこちらの記事で詳しくまとめています。是非こちらも合わせてご参照ください。

まとめ

資産除去債務は、使用する機会の少ない勘定項目です

資産除去債務は、使用する機会の少ない勘定項目です。また簿記1級レベルと難易度が高いため、頭を悩ます担当者も多いのが現状です。まずは、資産除去債務は、負債の勘定項目だということを頭に入れておきましょう。

日本の簿記の考え方とは違いますが国際会計基準で定められているルールなので、この勘定項目の仕組みを知っておくと重宝します。また、内装解体などの原状回復費用の勘定科目、仕分け費用はこちらで詳しく解説しています。こちらも合わせてご参照ください。

ウラシコへおまかせください!

株式会社ウラシコのスタッフ

株式会社ウラシコは愛知県名古屋市の内装解体工事の専門業者です。東海3県を中心に年間1,500件以上の現場で、内装解体、原状回復、スケルトン解体、廃棄物撤去等を行っております。

解体工事に関するご相談お見積りは無料で対応させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください!解体業者は怖いイメージありますが、ウラシコは違います。明るく元気な社長・現場マンが対応します!

関連記事

一覧に戻る

サイト内検索SEARCH