LINE

株式会社ウラシコ|愛知県名古屋市の原状回復工事業者

スタッフブログ Staff blog

【前編】【個人経営飲食店】廃業届提出からテナント退去までの流れを徹底解説します

個人経営廃業届

今回は廃業や閉店、規模縮小のための移転などを決断した場合にしなければいけないことを説明していきます。工事の前段階でどのような書類の提出が必要なのか、どのような作業が必要なのかについても見ていきましょう。

廃業の際の流れとしては、個人名義か法人名義かで手続きが変わってきます。飲食店特有の手続きに加えて、法人の場合は更に追加で手続きが必要です。そんな個人事業主と法人が追加で行わなければならない手続きについて、前編では個人名義の手続きの流れを解説します。

個人事業主(個人名義)の場合

個人事業主の原状回復の見積もり

個人名義の場合には、以下のような手続きが必要となります。順番などは特に縛りはありませんが、期日が決まっているものも多くありますので、提出期限に間に合うように手続きを進めていきましょう。

各種書類の作成、提出

飲食店の場合には、食品を取り扱っていることもあり多くのところに申請をしなければなりません。

具体的には税務署都道府県税事務所保健所消防署警察署労働基準監督署公共職業安定所です。

各書類については後編をご参照ください。

金融機関と相談(借入金がある場合)

金融機関からの借入金がある場合には、金融機関と返済期限などの返済スケジュールを確認などをする必要があります。

店舗の解約通知、造作売却手続き

廃業の際には、所有物件以外の場合には賃貸借だと思いますので、物件の明け渡し日の決定や、賃貸借契約解約のために管理会社や仲介業者などに解約通知を行う必要があります。

解約通知期間は賃貸借契約書に記載がありますので、期日をきちんと確認の上、解約通知を行うようにしましょう。

原状回復工事

原状回復と解約通知期間

所有物件以外の場合には、明け渡しの際に原状回復義務があります。原状回復工事には内装解体工事とスケルトン工事の2種類があります。

必要な工事に関しては賃貸借契約に記載の内容を参照する必要がありますが、オーナーや管理会社から特別な要望などの指示がある場合にはこの限りではありません。

造作売却の場合にも必要となる工事が異なりますので確認が必要です。詳細に関しては以下の記事をご参照ください

リース契約解除(精算)、返却

店舗オフィステナントのリース契約解除

飲食店の場合、大型冷蔵庫等の厨房機器はリースの場合も多いかと思います。基本的に、返却の前に連絡が必要な場合には遅滞なく連絡する必要がありますし、返却までに清掃などをしなければならない場合が多いです。

また、工事の前に機器を搬出しなければならないかと思いますので、工事のスケジュールを考える際にも必要になってきます。

従業員の解雇(解雇の30日以上前)

廃業に伴い、従業員を解雇する必要が出てきます。従業員の解雇は、解雇日の30日以上前に通知しなければなりません。「解雇予告通知」として書面で30 日以上前に通知するのが一般的です。

30 日に満たない日数で解雇する場合には、不足する日数分の平均賃金を「解雇予告手当」として支払う必要があります。

取引先への連絡

飲食店を経営していくうえで、少なからず取引をしている業者があるかと思います。例えば酒屋、問屋、清掃業者など様々な取引先が考えられます。

この様な取引先には前もって連絡をしておいたほうがいいでしょう。その店でしか取り放っていない商品もあるかもしれません。最後まで良いビジネス相手として取引していきましょう。

また、優良な業者を探す際は、悪徳業者の特徴と手口をよく理解しておきましょう。こちらの記事も合わせてご参照ください。

ライフライン(水道、電気、ガス、インターネットなど)の解約

廃業後のライフラインの解約

水道、電気、ガス、インターネットなど経営に欠かせないライフラインに関してです。何日前までにといった規制は無いかもしれませんが、特にガスなどは立ち合いが必要な場合もありますので事前に連絡しておけば確実です。

店舗保険の解約

店舗によっては火災保険などの保険に入っている場合もあるでしょう。これも出来るだけ早く解約の手続きをしましょう。契約によっては、何日前までに通知をしなければならないなどの規定があるかもしれません。しっかりと確認した上で、相談なり通知なりを行っていきましょう。

以上、前編では個人名義の個人事業主が行うべき廃業の流れを解説してきました。後編では法人名義の個人事業主が追加で行うべき手続きと、手続きに必要な書類について解説していきます。ぜひ後編もご覧ください

ウラシコへおまかせください!

株式会社ウラシコのスタッフ

株式会社ウラシコは愛知県名古屋市の内装解体工事の専門業者です。東海3県を中心に年間1,500件以上の現場で、内装解体、原状回復、スケルトン解体、廃棄物撤去等を行っております。

解体工事に関するご相談お見積りは無料で対応させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください!解体業者は怖いイメージありますが、ウラシコは違います。明るく元気な社長・現場マンが対応します!

関連記事

一覧に戻る

サイト内検索SEARCH