LINE

株式会社ウラシコ|愛知県名古屋市の原状回復工事業者

スタッフブログ Staff blog

原状回復工事の繁忙期、閑散期はいつ?引っ越しシーズンと原状回復の影響を解説します

原状回復工事のシーズン

オフィスや店舗の移転や退去に際して避けられないイベントが原状回復工事です。この「原状回復工事」にも引っ越しシーズンと同じように繁忙期があることはご存じでしょうか?

繁忙期には業者のスケジュールにも空きがないため借主の思うように工事が進まないという事態が生じます。

そうした事態を避けるために、今回の記事では、原状回復工事の繁忙期・閑散期はいつかということや、移転や退去に向けた理想的なスケジュールの立て方について解説します。原状回復工事をお考えの皆様は参考にしてください!

また、原状回復につきましてはこちらの記事で詳しく解説しています。ぜひこちらも合わせてご参照ください。

原状回復工事にも繁忙期はある?

原状回復工事繁忙期

原状回復工事にも忙しい時期と、比較的ヒマな時期があります。一般的に、新年度に向けて引っ越しをする方が多くなる1~4月ごろが原状回復工事の繁忙期となります。

また第二の繁忙期として、新生活を始めることが多くなる9月、10月ごろがあります。賢く工事を行うにはこれらの繁忙期を避けて工事を発注するようにするのがコツです。

それに対して原状回復工事の閑散期というのは、明確な時期はなく、繁忙期を過ぎたら次の繁忙期までゆるやかに仕事量が落ち着いてくるといったイメージです。

原状回復にかかる工期はどのくらい?

原状回復にかかる工期

退去日からスケジュールを逆算するには、原状回復工事の工期について知っておかなければなりません。

工事の着工から完了まで、一般的に30坪程度のオフィスや店舗では1~2週間、30坪以上100坪未満のオフィスや店舗では2週間~1カ月程度かかるものと予想されます。

ただし建物の損傷がひどかったり、複雑な作りこみになっていたりする場合などは、これ以上かかることもあります。

また3月~4月などの施工業者の繁忙期に工事を依頼する場合、すぐには対応してもらえないこともありますので、スケジュールには十分な余裕を持って進めていくことが大切になります。

望ましい原状回復のスケジュールの立て方と注意点は?

名古屋のマンションの原状回復

オフィスや店舗の退去日は賃貸借契約書において明確に日にちが定められているケースがよくあります。契約期間を過ぎても原状回復工事が完了しないと日割で家賃が発生してしまうことにもなります。

まずは契約書をしっかり確認し、退去日から逆算して余裕のあるスケジュールを立てていきましょう。目安となるスケジュールを以下にご紹介します。

  • 約6カ月前~  原状回復工事業者に見積もりを依頼(退去日を伝え、その日まで に工事を確実に完了するように要請)オフィスや店舗の解約届を出す
  • 約3か月前~ どの業者に工事を依頼するかを決め、工事を発注
  • 約1か月前~ 原状回復工事の着工開始(追加工事が必要になった場合は、か かる費用について説明を受ける)
  • 退去日前 工事完了(物件貸主に立ち会ってもらい、仕上がりを確認する)

ここで大切なポイントは、解約通知を出す時期と工事を施工してもらう業者への連絡です。

解約予告は「○カ月前までに通知すること(解約予告期間という)」と契約書に定められています。一般の賃貸オフィスやテナントでは6カ月前程度としているところが多いようですが、契約書にその旨が記載されているため、今一度賃貸借契約書でしっかり確認しておきましょう。

退去日が決まり次第、業者に連絡をとり、工事の見積もりを出してもらいましょう。繁忙期(3~4月や9、10月)には多くの企業から原状回復工事の依頼が殺到するため、業者のスケジュールに空きがないということにもなります。

そうした事態を避けるためにも、スケジュールにはある程度余裕を持たせておくことが大切になります。

原状回復全体の流れやスケジュール感に関しましては、こちらの記事で詳しく解説しています。こちらの記事も合わせてご参照ください。

居抜きオフィスの活用

名古屋の原状回復

原状回復工事を行う場合、業者との連絡や調整に結構な時間と手間を費やさなければなりません。そのような労力を削減するために「居抜きで物件を次の入居者に譲り渡す」ことも選べる選択肢のひとつです。

「居抜き譲渡」では、前の借主が使っていた設備や備品などを次の入居者が使える状態にしてそのまま譲り渡します。これにより、移転する側にとっては原状回復義務も次に入る入居者に引き継いでもらえ、工事費用をかけずに移転できるという利点があります。

また入居する側としては既に設備が整っているため内装工事などの初期費用が抑えられるといった利点があり、双方にとってウィンウィンの取引となります。

ただし、居抜きで物件を売却するには、物件貸主の承諾が必要となることがハードルとなります。そこさえクリアすれば、メリットの大きな取引といえるでしょう。

居抜きをお考えの方は早めに行動を開始し、必要に応じて居抜きをサポートしてくれるサービスの利用も検討してみましょう。

まとめ

原状回復のスケジュール

原状回復のスケジュールを、業者の繁忙期・閑散期という視点から解説してみました。業者の繁忙期に工事を依頼すると、業者のスケジュールに空きがなく、予定通りに工事が完了できなくなる恐れもあります。

退去日までに確実に工事を終わらせて物件を引き渡せるように、業者の繁忙期を考慮に入れ、原状回復工事を進めていきましょう。

また高額な原状回復工事の費用を少しでも抑えたい方は、本記事で説明したような「居抜き退去」を活用することも選択肢に入れておくのもいいでしょう。

原状回復費用についてはこちらのページで詳しく解説しています。ぜひこちらも合わせてご参照ください。

ウラシコへおまかせください!

株式会社ウラシコのスタッフ

株式会社ウラシコは愛知県名古屋市の内装解体工事の専門業者です。東海3県を中心に年間1,500件以上の現場で、内装解体、原状回復、スケルトン解体、廃棄物撤去等を行っております。

解体工事に関するご相談お見積りは無料で対応させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください!解体業者は怖いイメージありますが、ウラシコは違います。明るく元気な社長・現場マンが対応します!

関連記事

一覧に戻る