LINE

株式会社ウラシコ|愛知県名古屋市の原状回復工事業者

スタッフブログ Staff blog

養生(ようじょう)とは?内装解体工事でよく使われる基礎用語を解説します。

内装解体の養生

オフィスや店舗の内装解体をする時に、養生(ようじょう)という項目があります。養生という言葉は内装解体だけでなく様々な場面で聞いたことがあるのではないでしょうか。この記事では内装解体における養生についてどのようなものなのかを解説します。

解体工事の養生(ようじょう)とは

養生で防ぐ内装解体工事のトラブル

解体工事における養生は、工事の中でも仮設工事という部類に分類されます。養生シートというものを設置することで、内装解体工事で発生しうるトラブルを防ぐことに繋がります。では具体的にどのようなトラブルを防ぐことができるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

養生で防ぐことができるトラブル

解体の際に発生する粉塵の飛散を防ぐ

解体をする時に建材の細かい破片や、屋内に残ったホコリやゴミが発生しそれが周囲に飛散することがあります。粉塵の飛散は、近隣住民とのトラブルになりやすいです。このようなトラブルを防ぐために、工事現場の周囲に養生シートを設置することで粉塵の飛散を防ぐことができます。

工事の騒音を軽減する

解体工事を行うとどうしても騒音が伴います。近隣住民から騒音のクレームなどがきてしまうことは多いでしょう。重機を使って解体を行うと、完全には騒音を無くすことはできません

騒音を少しでも軽減するために養生シートを設置します。養生シートは防音効果のあるシートで作られていることが多いので、粉塵飛散防止だけでなく防音にも繋がります。

安全性を確保する

解体工事では、近隣住民とのトラブルだけでなく従業員の安全性を確保することももちろん大切です。高い建物の工事の場合、足場を組んで作業をします。作業の工具や資材が落下して作業員、通行人にもぶつかる危険性があります。

また、高い所から作業員が転落してしまう恐れもあります。このようなリスクに対して養生シートを設置しておくことで、リスクの軽減、周囲を巻き込む危険性の軽減に繋がります。

養生は義務ではない?

内装解体工事で養生はとても大切なことだと言いましたが、実は解体業者にとって養生を行うことは義務ではありません。詳しくは、国土交通省の「建築物解体工事共通仕様書」に規定があります。細かい内容はこの規定を参考にしてください。

解体現場と周りの住宅の距離が遠かったり、粉塵飛散を防ぐために散水を行っている場合養生をしないこともあります。

しかし、万が一それでも近隣住民からのクレームがあった場合、業者と同様に工事の依頼者に対するイメージも悪くなってしまいます。悪質な解体業者の中には、コストをかけないために養生を行わなかったり、質の悪い養生を行う業者もいます。

信頼できる解体業者の選び方は、こちらの記事でも詳しく解説しています。こちらも合わせてご参照ください。

養生シートのチェックポイント

養生シートのチェックポイント

悪質な解体業者を見分けるために養生シートのチェックポイントを紹介します。

使い回したような養生シートを使っていないか

養生シートをいかにも使い回して穴が開いていたり、もろくなっていると養生の役割をはたさないことがあります。このよう場合トラブルや事故の原因になります。こういった養生シートを使い続けている業者には注意しましょう。

養生シートを丁寧に設置しているか

養生シートを設置していても、隙間があったりサイズが合っていないなど雑な設置方法だと養生シートを設置している意味がありません。養生シートを丁寧に設置していないということはその他の作業も雑にしている可能性があります。

養生シートに会社名が入っているとより信頼できる

頻繁に買い替える養生シートに会社名がプリントされているということはそれだけ安定している会社であり、かつ社名を押し出すことができるほど知名度が高く経験豊富な証拠です。

現場を通っただけで、どの業者が工事を行っているのか分かるのは、会社名を大々的に出さずに工事をしている業者よりも信頼できるでしょう。

養生シートの種類

一口に養生シートといっても様々な種類があります。解体工事でよく利用されている3つの養生シートについて解説していきます。

防炎シート

防炎シートはその名の通り防炎加工が施されている養生シートです。万が一工事中に火事になったとしても飛び火などを防いでくれる効果が期待できます。

足場シート

養生シートといえば一般的にこの足場シートを指すケースが多いです。足場を組んだ後に建物全体を覆うことで粉塵の飛散を防いだり、道具の落下防止にも役立ちます。

防音シート

厚さ0.5ミリから1ミリ程度もあり、解体工事でトラブルになりやすい騒音を軽減してくれる効果があります。特に住宅街などは近隣住民から騒音の苦情が多いためよく用いられています。

まとめ

内装解体の養生まとめ

内装解体の基本知識である「養生」について理解できましたでしょうか。養生はとても大切な項目でありますが、法律で義務付けられているわけではありません。しかし、近隣とのトラブルを防ぐためにも養生は必ず行いたいものです。

契約をする時に、養生についての詳細をしっかりと確認しておきましょう。また、業者は数多くあるなかで過去の経験が多くある信頼できる業者へ依頼しましょう。

また、原状回復に関する節約術や財テクは、こちらのカテゴリページで詳しく解説しています。ぜひこちらも合わせてご参照ください

ウラシコへおまかせください!

株式会社ウラシコのスタッフ

株式会社ウラシコは愛知県名古屋市の内装解体工事の専門業者です。東海3県を中心に年間1,500件以上の現場で、内装解体、原状回復、スケルトン解体、廃棄物撤去等を行っております。

解体工事に関するご相談お見積りは無料で対応させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください!解体業者は怖いイメージありますが、ウラシコは違います。明るく元気な社長・現場マンが対応します!

関連記事

一覧に戻る

サイト内検索SEARCH