LINE

株式会社ウラシコ|愛知県名古屋市の原状回復工事業者

スタッフブログ Staff blog

タバコのヤニで退去費用が増える!?クロス張替えが必要!?原状回復専門業者が徹底解説します。

喫煙による特別損耗

退去時の原状回復費用で、貸主と揉めるよくある要因のひとつに、タバコのヤニ汚れがあります。

愛煙家の方にとってはどれだけ費用負担をすればいいのか気になるところでしょう。今回の記事では、タバコを吸っていると退去時の原状回復費用(退去に伴うハウスクリーニング等)が高くなる理由を解説いたします。

結論:タバコのヤニ汚れの原状回復は借主負担

タバコのヤニ汚れの原状回復は借主負担

結論から申し上げると、喫煙によってクロスについた汚れや臭いは通常の使用による汚損を超えるもの(特別損耗)と判断されることが多く、借主に原状回復義務があります。それを踏まえた上で、対処法を考慮していきましょう。

基本的な原状回復義務の範囲

基本的な原状回復義務の範囲

「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によると借主の原状回復義務の範囲は基本的に故意や過失によって損傷を与えた部分、つまり特別損耗部分を支払わなくてはなりません。他に損傷として通常損耗と経年劣化が挙げられますが、借主の負担範囲には入りません。

例えば太陽光などでクロスが日焼けしたものですと経年劣化とみなされ貸主の負担になります。また、壁にネジなどで大きく穴を開けた場合は特別損耗とみなされて借主の負担になります。

タバコを吸うことで起こる問題

タバコのクロス張替え

タバコに含まれているタールという成分が原因となって、クロスがヤニで汚れたり、臭いがしみついてしまったりします。タバコを吸わない人にとっては、タバコの黄ばみや臭いがしみついた物件は借りたくないというのが本音です。

賃貸物件を退去する時には、原状回復といって基本的に入居前と同じ状態にして返すことが義務付けられています。国土交通省が定めた「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によると、そこには以下のポイントがあります。タバコによるクロスの汚れはガイドラインではどう位置付けられているのでしょう?

  • 通常の使用による傷や汚れは「貸主」が費用を負担する(経年劣化)
  • 借主の故意や不注意によりついた傷や汚れは「借主」が費用を負担する(故意や過失)

タバコと原状回復義務の関係

タバコと原状回復義務の関係

国土交通省のガイドラインにより、喫煙によってクロスについた汚れや臭いは通常の使用による汚損を超えるものと判断されることが多く、借主に原状回復義務があるとされるようになりました。

以前のガイドラインでは「喫煙は用法違反や善管注意義務違反に当たらず、クリーニングで除去できる程度のヤニ汚れは、通常の損耗の範囲内である」とされていましたが、平成23年以降の改定により、喫煙をする借主の責任は重くなったと言えます。

それには時代の流れによる喫煙者の減少や、賃貸物件ではタバコを吸うべきではないという認識が一般化してきた事情などが関係しており、今後もこの流れは続いていくと考えられます。

タバコ以外の原状回復で負担するべき責任の所在についてはこちらの記事で解説しています。こちらも合わせてご参照ください。

ヤニ汚れの修繕箇所の負担はどこまで?

経年劣化と減価償却について

タバコのヤニによる汚れや臭いは「部屋の中の1箇所」だけとは考えにくく、部屋の壁から天井まで及ぶことが多いです。そのためクロスの全面張り替えが必要になり、その費用は借主が負担することが妥当とされています。

部屋全体においてクロス等がヤニで変色したり臭いが付着したりしていれば、部屋全体のクリーニング費用やクロスの張り替え費用を借主が負担することになります。

「汚損した部分のクロス一面の張り替え費用だけ借主負担」という論理は通用しないので、喫煙者にとっては厳しいルールだと言えるでしょう。

タバコのヤニ汚れの対処法:経年劣化・減価償却をチェックしよう

減価償却をチェックしよう

クロスなどに染みついてしまった汚れや臭いについて、借主には原状回復義務がありますが、全てを元通りにしなければいけないというわけではありません。上述したように原状回復は「経年劣化・減価償却」を考慮します。

これによるとクロスの耐用年数も決められており、実際に入居した年数によって価値が減った価格で清算すべきとされているのです。クロスは減価償却により6年たつと価値が1円になります。

つまり、いくらタバコのヤニ汚れが借主の過失だったとしても、6年以上使用していればほとんど価値はなくなるので、クロスの張り替え費用は、借主は負担しなくてもいいことになります。

ただし経年劣化のない部分、例えば柱、建具、浴室内の壁や天井等に対する特殊清掃やヤニ汚れを隠すための塗装にかかった費用などは借主負担となります。

経年劣化・減価償却の例

経年劣化・減価償却の例

それでは、3年で退去する場合はどうなるのでしょうか?壁のクロスは減価償却により6年で価値無しとなるので、3年入居の場合は、50%の費用を請求されます。

クロスを全面張り替えしたら、その費用の半分が借主の負担となります。つまり長期間同じ物件を使用し続けた方が費用は安くなることになります。

ただし「タバコのヤニ汚れによるクロスの張り替え費用は借主負担とする」などの特約がある場合は話が別なので賃貸借契約書で契約内容をしっかり確認しておくことを忘れないようにしましょう。

また6年以上使用することでクロス自体の価値は1円になっても喫煙によってクロスの張り替え工事が必要な状態にしてしまったということで、クロスの交換にかかる作業代(作業員の人件費や作業料など)を請求されるケースもあるようです。

経年劣化に関してはこちらの記事で詳しくまとめています。こちらも合わせてご参照ください。

まとめ

タバコの退去時の内見

賃貸物件でタバコを吸う場合は、退去時に相当の費用を負担しなければならないことを理解し、禁煙も含め今後の対応を考えていきましょう。原状回復に関するルールは入居時の賃貸契約書に記載があるので、退去前にかならず確認しましょう。

タバコの問題を除いても見積もり代金が高すぎると感じた方は、安くする方法をこちらの記事で詳しく解説しています。こちらも合わせてご参照下さい。

ウラシコへおまかせください!

株式会社ウラシコのスタッフ

株式会社ウラシコは愛知県名古屋市の内装解体工事の専門業者です。東海3県を中心に年間1,500件以上の現場で、内装解体、原状回復、スケルトン解体、廃棄物撤去等を行っております。

解体工事に関するご相談お見積りは無料で対応させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください!解体業者は怖いイメージありますが、ウラシコは違います。明るく元気な社長・現場マンが対応します!

関連記事

一覧に戻る

サイト内検索SEARCH